たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、No 天然妻, No Laugh、、、 

映画のこと/埋もれがちな傑作

埋もれがちな傑作/悪魔の陽の下に

北フランス、カンパーニュの主任司祭ムヌウ・スグレ神父(モーリス・ピアラ)は、救区民の教化に熱意を示しつつもその並外れた苦行と懐疑に身をすりへらす助任司祭ドニサン神父(ジェラール・ドパルデュー)に心を痛めながらも、その不器用な彼の魂のもつ神…

埋もれがちな傑作/シェナンドー河

南北戦争中のアメリカ南部・バージニア州。チャーリー・アンダーソンは妻に先立たれた後、7人の子供と共にシェナンドー川の畔で広大な農場を経営していた。彼は戦争に否定的で、頑なに中立を守り続けていた。しかしある日、彼の息子の1人ボーイがひょんな事…

埋もれがちな傑作/ロストワールド_The Lost World

あらすじ ロンドン・ガゼットの記者エドワード・マローンはグラディスという乙女を恋していたが、彼女は彼に何か素晴らしい仕事をしてくれなくては結婚しないと語るので、彼はチャレンジャー教授の探検隊に加わって南アメリカアマゾン川上流の蛮地探検に出発…

埋もれがちな傑作/奇跡_ORDET

<ガートルード>と<裁かるるジャンヌ>を観て この両作品が同じ監督の作品とは思えないだろう 強烈に印象的なクローズアップを多用する<裁かるるジャンヌ>と 限られた空間の中でミドルのショットでロングテイクする<ガートルード> いずれにしてもカー…

埋もれがちな傑作/チャルラータ

黒澤が生前に言った言葉 「サタジットレイを観たことのないという人は、月と太陽を見たことがないというに等しい」 月と太陽を見ずに生きているつもりか!というわけだね ようするに たくさん映画を観ているつもりでも 『サタジットレイを見ずには映画を観て…

埋もれがちな傑作/メキシコ万歳

エイゼンシュティンの観客に突き付ける画は いつでも重く深く胸に突き刺さる、、、 当然無声映画だが 「映画に言葉はいらない」ことを 一番示してくれる(教えてくれる)のはエイゼンシュテインにほかならない さらにこの映画がカラーであったら ルノワール…

埋もれがちな傑作/大菩薩峠

恥かしながら内田吐夢版も三隈研次版も そして一番面白いと評判で 米国人もラスト15分間の殺陣に熱狂したという 岡本喜八版の<大菩薩峠>も今まで見逃していた、、、 ま、とにかく 仲代達也演じる主人公が狂っているね サイコ野郎、超サディスト こういうの…

埋もれがちな傑作/斬人斬馬剣

その多くのフィルムが消失していながら 奇跡的に見つかったフィルムをつなぎ合わせた 完全な状態でない作品を言うのも何だが、 <斬人斬馬剣>は伊藤大輔が生んだ大傑作、、、 早いパーンとか この時代にやっているのは新しかっただろうね スピード感、迫力…

埋もれがちな傑作/ヨーロッパ横断特急

アランロブ=グリエ(通称:ロブグリエ、ボクは「ロブグリ」と呼ぶ)といえば あの映画史上の超傑作<去年マリエンバートで>の作者(脚本)であり 「ヌーヴォーロマン」を代表する著名な小説家であり 風変わりな、しかし優れた9本の映画を監督した鬼才であ…

埋もれがちな傑作/アッカトーニ

のちに一流の監督になるような人は きまって初期(たいがい初監督作品)に優れた作品を残している パゾリーニも初めての監督作品で<アッカトーニ>を残している それまで <カビリアの夜>などの傑作、名作の脚本を書いていたパゾリーニの処女監督作品 夜は…

埋もれがちな傑作/その夜は忘れない

吉村公三郎 若尾文子&田宮二郎 それぞれの代表作とは言われはしない、埋もれがちな秀作、、、 あらすじ 東京から雑誌の取材で広島を訪れた主人公の男は、原爆投下から17年経った地で 原爆の傷跡を探していたが、意外なまでに原爆は過去のものとなり、街も…

埋もれがちな傑作/深呼吸の必要

2004年の日本映画 当時たいへん人気だった香里奈が主役を張り 長澤まさみは<セカチュー>後ながらまだ脇に廻っている <深呼吸の必要> 以前から非常に気になっていた映画で、やっと観ることが出来た、、、 物語は 募集につられて都会から沖縄の小さな島に…

埋もれがちな傑作/追われる男_Run For Cover

なんで映画配給会社は この映画のタイトルを<追われる男>としたのか、まったく理解に苦しむ、、、 原題は「Run For Cover」 物語 無実の罪で服役中だったマット・ドー(ジェームズ・キャグニー)は刑期を終え、新生活を求めて西部へやって来た。牧畜の中心…

埋もれがちな傑作/マンハント_Man Hunt

<マンハント>は 一般的にはフリッツラングの代表作とは言われず、埋もれている傑作だ、、、 物語 第二次大戦開戦直前のドイツ。世界的なハンターとして知られるソーンダイク大尉(ウォルター・ピジョン)は、深い森を忍んである別荘に近づき、バルコニーに…

埋もれがちな傑作/ヴェロニカフォスのあこがれ_Die Sehnsucht der Veronika Voss

見逃していた ファスビンダーの傑作<ヴェロニカフォスのあこがれ> ファスビンダーの代表作でもあるのに 日本ではあまり語られない、埋もれがちな傑作、、、 物語は 1955年、ミュンヘン。スポーツ記者のロベルト(ヒルマール・ターテ)は、どしゃ降りの雨の…

埋もれがちな傑作/ミネソタ大強盗団

70年代の映画なのに コレは見逃していた フィリップカウフマンの<ミネソタ大強盗団> 2月13日は「銀行強盗の日」 1866年の2月13日に米国でジェシージェイムズが世界初の銀行強盗に成功した日 そんなジェシージェイムズと仲間のヤンガー兄弟たちのミネソタ大…

埋もれがちな傑作/トプカピ

<裸の町><街の野獣><男の争い>といった超傑作を生み 映画史に偉大なる足跡を残し 世界中の映画人に影響を与えてきた、、、ジュールズダッシン あらすじ 美しい女泥棒エリザベスは、イスタンブールのトプカプ宮殿博物館に陳列されているスルターンの短…

埋もれがちな傑作/アイアンホース

ジョンフォードの<アイアンホース>を観ると まだ若手の監督にこんな大作を任せるハリウッドの度量を思う と、思って調べてみると ジョンフォード監督8年目だが すでに52本の映画を監督している サイレント時代のハリウッド大量生産時代、、、 フォードの…

埋もれがちな傑作/25時

恥かしながら この映画を知らなかった、、、スパイクリーの<25時> わりかし最近の映画なのに こんな傑作が埋もれているとは! 実は埋もれてなんかなく ボクが知らないだけかもしれないが、 他にあまりないタイプの映画 独特の空気感が漂っている そういう…

埋もれがちな傑作/アメリカアメリカ

「昨年ボクが初めて観た旧作洋画」の1番テッペンに挙げた映画<アメリカアメリカ> 日本ではむしろ<波止場><紳士協定><欲望という名の電車><エデンの東>といった名作の陰に隠れエリアカザンの代表作と言われることはあまり日本ではない埋もれがちな…

埋もれがちな傑作/雪の断章-情熱-

80年代にたいへん人気のあった斉藤由貴 当時、斉藤由貴は男子たちの最も憧れの女子であった 名曲「卒業」を青春の想い出の歌という元男子は多いはず、、、 その斉藤由貴主演<雪の断章-情熱->は 長いこと観ることが容易でない埋もれがちな作品であって …

埋もれがちな傑作/忠治旅日記

埋もれているという意味では 永遠に還どることのない悲しい宿命を負った 伊藤大輔監督による日本映画の至宝でありながら そのフィルムのほとんどが消失してしまっている もはやその完全な姿を観ることのできない名作<忠治旅日記>を観に行った、、、 宝を失…

埋もれがちな傑作/都会の女_City Girl

これは埋もれている こんなに素晴らしい作品なのに 語られることがほとんどない大傑作、、、 ムルナウが <サンライズ>と<タヴゥ>の間に撮った<シティガール/都会の女> 主演はフランクボーゼージ作品の常連で <幸運の星><第七天国>のチャールズフ…

埋もれがちな傑作/令嬢ジュリー

ベルイマンを差し置いて 同国のアルフシェーベルイがカンヌを制した<令嬢ジュリー> 今では、あまり語られることがない作品だが とんでもない映画だ!大傑作だ! 最初から最後まで 全てのショットが素晴らしい 濃淡ハッキリしたコントラストの中 ときどきト…

埋もれがちな傑作/第七天国

第一回のアカデミー賞の監督賞フランクボーゼージ(ボーゼイギとの表記もあり)が やはりオスカー史上最初の主演女優賞となったジャネットゲイナーと そして、共演としてチャールズファレルの主演で撮った名作<第七天国> ボーセージ、ゲイナー&ファレル…

埋もれがちな傑作/幸運の星_LuckyStar

フランクボーゼージ監督 ジャネットゲイナー&チャールズファレル主演 <第七天国>の黄金トリオによる でも<第七天国>よりも有名でなく埋もれがちながら <第七天国>にも負けないほどの優れた作品 兎に角セットが素晴らしく 画が美しい 映画芸術だね 女…

埋もれがちな傑作/音楽サロン

この劇場は初めてだ <エルメス>の映画館 10年ぶりの小規模上映 サタジットレイ<音楽サロン> なかなか観ることが出来ないので、有難い、、、 こんな傑作/名作を 何故にメディア化/ソフト化しないのだろうか? サタジットレイの代表作オプー三部作に勝れ…

埋もれがちな傑作/おかあさん

成瀬の作品を 今更「埋もれた」というのもなんだが、 こういう代表作といわれることもない作品でさえ傑作、秀作が多いのが成瀬 成瀬に関して 「語りが巧い」とボクは言っているが それでは語りってナニ? ひとつのエピソードをしつこく追わない 省略するとこ…

埋もれがちな傑作/コタンの口笛

ボクは北海道の先住民族アイヌについて詳しくないが 和人(日本人)に虐げられ 耐えてきた歴史は想像に容易い ラストで土地を離れる姉弟 どこへ行ってもこの姉弟の前に困難が立ちはだかるであろう オープンセット 中古智のいつもながらの仕事ぶり この作品で…

埋もれがちな傑作/肉体の冠

監督ジャックベッケル 主演シモーヌシニョレ 死んでもいいような むしろ死んでくれた方が世の中のためになるような連中を殺した罪で ギロチンで死刑となる男の話し 物語は 娼婦のマリー(シモーヌ・シニョレ)は、大工のマンダ(セルジュ・レジアニ)と出会…