たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、映画と食べものと、ときどき天然妻、、、

映画のこと/埋もれがちな傑作

埋もれがちな傑作/悲しみの青春

傑作とまでは思わなかったが、ベルリン国際映画祭金熊賞とアカデミー外国語映画賞を獲得している割には、近年「埋もれている」と評判の本作、 あらすじ ファシズム台頭するイタリアで、ユダヤ人大富豪の娘と中流ユダヤ人一家の息子は幼馴染で、男は女を愛し…

埋もれがちな傑作/月は上りぬ

<乳房よ永遠なり>がまさしく田中絹代の傑作ならば これは「傑作」と言うには言い過ぎかもしれないが 間違いなく「秀作」ではある、、、 今年のカンヌ国際映画祭でも特別上映されたが 日本の女性監督のパイオニアである田中絹代の作品でもあり ジェンダー問…

埋もれがちな傑作/殺し屋ネルソン_Babyface Nelson

ドンシーゲルの初期の傑作と言われながら、なかなか観れるチャンスがなかった<殺し屋ネルソン>をやっと観ることが出来た、とはいってもYOUTUBE、画質はかなりガッカリなレベルなのがとても残念で、もっと良い状態で観ることが出来たら是非とももう一度観た…

埋もれがちな傑作/ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌディールマン

日本中の多くの映画ファンが待ちに待った、日本では「映画史上のまだ見ぬ傑作」世界中のオールタイムベストに名を連ねながら日本人はずっと観ることの出来なかった女性監督シャンタルアケルマンの<ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・デ…

埋もれがちな傑作/クレイジーハート

客観的には「傑作」というのとはちょっと違うかもしれないが、個人的にとてもとても好きなタイプの映画、マイフェバリット!、、、ステージに穴を開けたりはしないが自堕落な生活を送っているアル中のカントリー歌手バッドブレイクは、ステージに上がるとと…

埋もれがちな傑作/オールドジョイ

オールドジョイ「OLD JOY」、、、どういう意味か、すくなくとも食器洗い洗剤ではない、、、それは作中の言葉に見つけた「悲しみは使い古した喜びだ」 旧友からの誘いに応え、身重の妻を残し、山奥へと向かう、渓流沿いに森を進み温泉を目指す二人、、、スト…

埋もれがちな傑作/河内カルメン

独特のユニークなセンスで面白いけど、それ以上のものではないと思って、あまり好みではなかった鈴木清順だが、これには参った、、、ボクの中で埋もれていた、もっと早く掘り起こしておくべきだった傑作<河内カルメン>、、、 今村昌平を「重喜劇」と呼んだ…

埋もれがちな傑作/摩天楼_Tha Fountainhead

子供の頃の夢は建築家になることだった、しかし図工ではなく理数系の能力が必要と知り諦めた、いまでも建築物を眺めるのが大好きだ、映画に建築家が登場するとカッコイイなぁと憧れる、、、この映画での主人公は最先端のセンスをもつ才能豊かな建築家だ、当…

埋もれがちな傑作/PASSION

例えるなら、 <JAWS>を撮る前のスピルバーグが、もっと若い頃に<激突!>を撮っていたという事実のような衝撃のようなもの、、、その後、世に名を遺すような監督は必ず最初のうちに凄い作品を残しているものだ、、、 まさに埋もれがちな傑作、、、次男が…

埋もれがちな傑作/セインツ_約束の果て

これほど、好きだーーー!と叫びたくなる傑作に出逢うのは久しぶりだ、、、おそらくリアルタイムで公開年に観ていたら間違いなくその年の1番だと騒いでいたことだろう、、、 <あゴーストストーリー>が良かったので再びデヴィッドロウリーを追いかける、主…

埋もれがちな傑作/Z

映画史上の評価は埋もれず揺るぎないが、ボクにとっては埋もれていた<Z>をついについに今頃ぉ~やっと掘り起こすことができた、、、っていうか、fpd先輩が憐れに思ったボクに救いの手を差し伸べてくれたのだ、、、感謝!感謝です! fpd先輩がこよなく愛す…

埋もれがちな傑作/らせん階段

フィルムノワールといえばシオドマク、、、<らせん階段>はノワール調のスリラー映画、、、ガキの頃ジャックリーンビゼットのリメイク版<らせん階段>を観ているが、当時はまったくの駄作だとの印象を持っていたが、こうして今観ればまた違った印象を持つ…

埋もれがちな傑作/一年の九日

原子力の危険な側面を描き、よくもまぁ、当時のソ連が許したなぁと思う反面、原子力の研究における世界的な地位を自画自賛するようなプロパガンな側面もあるが、ドリカム状態な3人の男女の恋と友情を軸に良く出来た作品ではある、しかし正直面白さには欠け…

埋もれがちな傑作/市街_CITY STREETS

ルーベンマムーリアンの有名なフィルムノワール作品だが、あまり語られることのない埋もれがちな傑作、、、ギャング映画といっても「足抜け」ばなしのハシリがこの作品らしい、、、すぐに他人の(子分の)女に手を出す手癖の悪い親分、女をものにするためな…

埋もれがちな傑作/わが緑の大地/オレゴン大森林_Sometimes A Great Notion/Never Give An Inch

恐怖の報酬を彷彿させるシーンやラストの主人公の高らかなる勝利宣言に胸が震える、、、ところどころ無駄なカットや余計なキャメラの動きや構図もある、立て続けのロングとかは感心しないが、基本は演技者であるポールニューマンが監督しているから出来るだ…

埋もれがちな傑作/風雲のチャイナ_The Bitter Tea of General Yen

フランク・キャプラ監督による、中国を舞台にしたメロドラマ。宣教師である婚約者と結婚するため、革命真っ只中の中国へやって来たアメリカ人ミーガン。革命による混乱で婚約者とはぐれ怪我を負った彼女は、イェン将軍に助けられ、彼の豪邸へ連れて行かれる…

埋もれがちな傑作/丘_The Hill

NYから離れても社会派のルメットの武骨さは変わらない、常に社会悪に対して厳しい目を向け、人間の愚かさや弱さを描く、、、軍刑務所内での過酷な実態、その象徴が「丘」、、、戦場よりも過酷な閉鎖空間、、、 冒頭のクレーンバックが凄い、ドローンもない時…

埋もれがちな傑作/寄席の脚光

AmazonPrimeは偉いね、NETFLIXじゃこんな映画絶対に流さないよ、フェリーニの監督デビュー作<寄席の脚光>日本では劇場未公開、なかなか観る機会のない埋もれがちな傑作だ、、、 この当時からマッシーナは巧いね、女に振り回される主人公の男にそれでも愛を…

埋もれがちな傑作/幻の女_Phantom Lady

傑作ノワールを量産したロバートシオドマクの<幻の女>、、、やっぱいい画撮るよね、、、 ストーリーは、妻を殺され犯人にされた男のアリバイを証明できるはずの者たちが皆証言を否定する、とうとう死刑判決を言い渡された時、男を慕う秘書が身体を張ってア…

埋もれがちな傑作/妻の心

主人公(デコ)の夫(小林桂樹)は地方の町で家業の薬屋を継いだ次男だが、最近はあまり繁盛していない、家計は苦しいのだが、いつまでも母親は昔の裕福だった頃を忘れられず娘の結婚にも金に糸目をつけない(30万/今なら600万?)が、娘は乗り気のない縁談…

埋もれがちな傑作/決断_THE HANGMAN

マイケルカーティスというと<カサブランカ>の監督さんっていう認識が一般的だろうが、<ヤンキードゥドゥルダンディ>という米国映画史の名作ミュージカルや<俺たちは天使じゃない>といった埋もれがちな傑作ヒューマンコメディもある、<ミルドレッドピ…

埋もれがちな傑作/田舎司祭の日記

完成から70年間、日本では劇場公開されなかったブレッソンの<田舎司祭の日記>はまさしく70年間埋もれていたことになる傑作だ、、、そりゃね、大勢の観客が押し寄せるような類の映画ではないけど、優秀な監督の傑作は上映するってのが文化ってものではない…

埋もれがちな傑作/日本橋

この映画を「埋もれている」と言っては失礼だが、市川崑は優れた作品が多く、その中では代表作と呼ばれることがないこの作品を埋もれていると言ってしまう、、、 しかし、これを今まで観ていなかったのは迂闊だった、、、市川崑の世界、市川崑のセンス、市川…

埋もれがちな傑作/女狐_GONE TO EARTH/WILD HEART

女はいつも裸足、映画の中での「靴」は女の「貞操」、もしくは男からの「束縛」を意味する、また、ジプシーの血を継ぐ混血、自由な女でもある、、、 屋外にキャメラが出ても、マイケルパウエルは凄い、恐ろしいほどの美しさ、、、 強引で自惚れのクソ野郎と…

埋もれがちな傑作/グロリア(ルメット版)

「Rotten Tomatoesによれば、29件の評論のうち、高く評価しているのは14%にあたる4件のみで、平均点は10点満点中4.2点となっている[2]。 Metacriticによれば、19件の評論のうち、高評価は2件、賛否混在は8件、低評価は9件で、平均点は100点満点中26点となっ…

埋もれがちな傑作/うつせみ

もしもボクが映画監督なら、こういう映画を撮りたいだろう、と思うような映画だった、、、キムギドクの代表作とは言われていないかもしれない埋もれがちな傑作、、、 なにしろ、セリフを極力抑え、説明もほとんどなく、主人公のバックボーンはみえない脚本が…

埋もれがちな傑作/獣人

女性を殺害したくなる発作を持つ鉄道機関士が殺人事件の犯人である人妻に恋したことから起る悲劇を描くサスペンス。監督はジャン・ルノワール。原作はエミール・ゾラ。出演はジャン・ギャバン、シモーヌ・シモンほか。(映画.comより転載) このシークエンス…

埋もれがちな傑作/アルチバルドデラクルスの犯罪的人生

いつものブニュエル、主人公の思いとは裏腹になかなか思うように事態が進展しない、、、進展しないといっても、主人公のサイコ野郎、幼少の頃の体験から、人を殺したくてしょうがない、修道女、祈りをささげる処女(と思っていた)、ギャンブル狂の女、そし…

埋もれがちな傑作/偽りなき者

こんな凄い映画がまだまだあるんだね、ボクは知らなかった、当時海外の映画賞で様々な賞を取っているから、単にボクが知らなかっただけだけど、<アナザーラウンド>を観る予定なので下準備に同監督の旧作としてコレを観たのだけど凄かった、、、日本にも<…

埋もれがちな傑作/KILLER OF SHEEP_キラーオブシープ

学生映画にしてBBCの選ぶ「オールタイム100」の一本にもなった、それこそ日本未公開、そしてソフト化もメディア化もされていない完全に埋もれてしまっている傑作、、、学生映画なので権利関係無視で様々な楽曲を使用しているのが広く鑑賞されていない要因と…