たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、映画と食べものと、ときどき天然妻、、、

映画一言二言/マンディンゴ

f:id:toughy:20210420141503j:plain
f:id:toughy:20210420141512j:plain

 

当時、ボクはまだガキだったけど、かなり話題になったことは覚えている、テレビドラマ<ルーツ>が大ヒットして、「クンタキンテ」なんて言葉(主人公の名前)も流行語になっていた頃、、、

 

奴隷商人の父と子と彼らの商品でもある奴隷たちの話し、、、息子は黒人に対して好意的で、奴隷の女を愛しているが、親からの勧めで政略結婚で当然白人の嫁をとった、、、ところが、白人の嫁が処女ではなかったことに腹を立て、しかも実兄と近親相姦の関係にあったことが許せないことからベッドを共にせず、愛する奴隷と夜を過ごす、、、それに対して嫁もマンディンゴと呼ばれる決闘用の奴隷をベッドに引き入れ性欲を満たし、夫への復讐としているが、ついには妊娠してしまう、、、

 

f:id:toughy:20210420141515j:plain

f:id:toughy:20210420141456j:plain
f:id:toughy:20210420141453j:plain

f:id:toughy:20210420141450j:plain

 

リチャード・フライシャー監督が奴隷牧場を運営する一家の栄光と没落を描いた大作映画。奴隷制度をめぐって南北戦争が起きる約20年前の話である。原作は、カイル・オンストット英語版の長篇小説『マンディンゴ英語版』。続編にスティーヴ・カーヴァー監督の『ドラム』(Drum)'(1976年)がある。現代の目で見ると、一見歴史大作に見せかけた一種のブラックスプロイテーション映画と言える。日本公開時のコピーは「アメリカ史上最大のタブー<奴隷牧場>に初めて挑んだ一千万部の超ベストセラー鮮烈の映画化!」。監督が暗に批判しているのは『風と共に去りぬ』で、米国のポスターもパロディになっていた。世界的にヒットしたが、ロジャー・イーバートは「これは人種差別的なクズだ」と言い捨て、「ニューヨーク・タイムズ」のヴィセント・キャンビーも「最悪の映画」「下品の一言」と書いた。モーリス・ジャールの音楽もミスマッチで監督の「この映画をウェディングケーキのように美しくロマンチックに描きたかった。でも近寄ってよく見るとケーキは腐ってウジだらけなんだ」という意図通りだった。クエンティン・タランティーノは「これはポール・バーホーベンの『ショーガール』と並ぶ、メジャー会社が大予算で作ったゲテモノ大作さ」と愛情を隠さなかったという[1]。(Wikipediaより転載)

 

酷評だね(W)、、、もっとエグい<ジャンゴ/繋がれし者>を撮ったタラちゃんでさえ大酷評(どの口が云う~)のようだが、リチャードフライシャーなだけに、単なるキワモノ映画ではなく、奴隷を介して人間の欲を描き、観客を引きずり込むことに成功しているとボクは思うよ、、、

 

f:id:toughy:20210420141500j:plain

 

 

映画一言二言/孤独の報酬_This Sporting Life

f:id:toughy:20210419153910j:plain

f:id:toughy:20210419153914j:plain
f:id:toughy:20210419153920j:plain

 

<If・・・>や<八月の鯨>のリンゼイアンダーソン、そのデビュー作が<孤独の報酬>、、、主演はやはり駆け出しの頃のリチャードハリス、彼のことは詳しくないが、マーロンブランドのようでもあり、<ロッキー>におけるスタローンのようでもある、当初はマッチョ系で売っていたのであろうか?、、、

 

f:id:toughy:20210419154155j:plain
f:id:toughy:20210419154159j:plain
f:id:toughy:20210419154206j:plain
f:id:toughy:20210419154203j:plain

 

英国で知っている地名は、ロンドン、リバプールマンチェスターアーセナルくらい、本編中で「シティ」と呼ばれる地名が出てくるが、それを勝手に「ロンドン」と解釈したが、正しいかは知らない、、、英国ではサッカーと同じようにラグビーが盛んのようだが、主人公のラグビーの花形選手の思うように叶わない恋と人生の物語、、、

 

f:id:toughy:20210419154100j:plain
f:id:toughy:20210419154056j:plain

f:id:toughy:20210419154120j:plain

 

驚くべきことは、ラグビーの競技場の観衆、、、予算が少なかったので何万人というエキストラを揃えられず、木製の人形で代用したそうだ、、、木製の代用品の方が高くつきそうな木がするが、、、

 

f:id:toughy:20210419154330j:plain
f:id:toughy:20210419154333j:plain
f:id:toughy:20210419154327j:plain
f:id:toughy:20210419154323j:plain

f:id:toughy:20210419154337j:plain

 

この10年のオスカー候補作からトップ10を選んでみた、、、

米「Variety誌」が選んだ

この10年間のオスカー候補作からランク付けされたトップ10は以下の通りだった

 

1.Roma/ローマ(2018)

2.ムーンライト(2016)

3.トイストーリー3(2010)

4.メッセージ(2016)

5.ゼログラビティ(2013)

6.バードマンあるいは(2014)

7.6才のボクが大人になるまで(2014)

8.1917/命をかけた伝令(2019)

9.パラサイト/半地下の家族(2019)

10.Her/世界でひとつの彼女(2013)

 

f:id:toughy:20210420093439j:plain

 

もしも、ボクなら、、、

 

1.ヒューゴの不思議な発明(2011) 

2.ファントムスレッド(2017)

3.ダンケルク(2017)

4.メッセージ(2016)

5.レヴェナント蘇えりし者(2015)

6.アメリカンスナイパー(2014)

7.ララランド(2016)

8.6才のボクが大人になるまで(2014)

9.トゥルーグリッド(2010)

10.ゼロダークサーティ(2012)

 

オスカー(作品賞)受賞作は一本も入らず、、、

 

f:id:toughy:20210420093417j:plain

 

 

ネクスト10は、、、(順位不同)

 

戦火の馬(2011)

ゼログラビティ(2013)

ウルフオブウォールストリート(2013)

セッション(2014)

マッドマックス/怒りのデスロード(2015)

マンチェスターバイザシー(2016)

シェイプオブウォーター(2017)

スリービルボード(2017)

1917命をかけた伝令(2019)

ストリートオブマイライフ(2019)

 

f:id:toughy:20210420093727j:plain

 

 

 

 

金魚焼き/museum sweets store 縁日

 

たい焼きでもない

人形焼きでもない

でも、シャレているのか「金魚焼き」

 

バターを使っているので

マドレーヌに近い

和風なマドレーヌが正しいかも知れない、、、

 

f:id:toughy:20210419091205j:plain

f:id:toughy:20210419091211j:plain
f:id:toughy:20210419091216j:plain

 

 

 

米「Variety誌」が選ぶ、この10年のオスカー候補作からランク付け

news.yahoo.co.jp

 

 

Oscars Best Picture Nominees Ranked (2010 to 2020) - Variety

Oscars Best Picture Nominees Ranked (2010 to 2020) - Variety

 

 

f:id:toughy:20210420090514j:plain

 

米「Variety誌」が

2010年から2020年まででアカデミー賞にノミネートされた作品を

「トップ35」ランク付けした

 

それによると

1位がRoma/ローマ(2018)で

2位がムーンライト(2016)

3位がトイストーリー3(2010)

4位がメッセージ(2016)

5位がゼログラビティ(2013)

と、いうことらしい

 

このトップ5で

実際にアカデミー作品賞を受賞したのは、<ムーンライト>のみ、、、

 

ちなみに

ここ10年の作品賞受賞作は

2019 パラサイト/半地下の家族

2018 グリーンブック

2017 シェイプオブウォーター

2016 ムーンライト

2015 スポットライト/世紀のスクープ

2014 バードマンあるいは(無知----)

2013 それでも夜は明ける

2012 アルゴ

2011 アーティスト

2010 英国王のスピーチ

 

この中で今回のランキングに入っているのは

それでも夜は明ける、バードマンあるいは、スポットライト、ムーンライト、パラサイト/半地下の家族の5作品だけ

 

グリーンブックもシェイプオブウォーターも入っていない!

 

英国王のスピーチに至っては同じ年のソーシャルネットワークトイストーリー3,インセプション、ザファイター、キッズオールライトの5本もがランクインしているのに作品賞受賞作である英国王のスピーチは入っていない惨めな結果

 

アルゴの年もゼロダークサーティ、愛アムール

アーティストの年はマネーボール、ツリーオブライフ

シェイプオブウォーターは入らず、レディバードがランクイン

グリーンブックが入らず、なんとブラックパンサーがランクインしているのだから驚く

 

昨年の受賞作パラサイト/半地下の家族より、1917命をかけた伝令の方がランクが上位

 

たった10年間のうちの

TOP35にすら入らない作品賞受賞作たち

 

こうなると、オスカーって、何だろうね?

すでに10年も経たずに、評価が変わってしまっている

 

今週末発表されるアカデミー賞では

ミナリが18位でノマドランドが14位にランクインしている

 

f:id:toughy:20210420090812j:plain
f:id:toughy:20210420090822j:plain

 

 

食は映画なり/風の電話

 

次つぎと出会う人々

出会う人々の全てのパートで「食」のシーンが盛り込まれている

 

ある時は

ドライブインの食堂のチャーハン

もしくは車の中で食べる菓子パン

どこかの国からきた難民の人々のもてなすエスニック料理

 

f:id:toughy:20210419083932j:plain

 

みんなが皆「食べな」と勧める

ボクにはこれが「生きなさい」と聞こえる

 

死をまとっているような少女に

生きることを伝える人々の声援のようなのだ

 

「死ぬなよ」

「生き残った者は食わなきゃ」

 

当り前のことだけど

生きること=食べること

 

映画は「食」を教える、「生」を教える、

食は映画也り

 

f:id:toughy:20210419083951j:plain