たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、No 天然妻, No Laugh、、、 

ちぢみホウレン草

 

日本の農業はスゴイなぁ

日本のお百姓さんたちは偉いなぁ、と、思ふ、、、

 

なかなか手に入らない

ちぢみホウレン草が久しぶりに

スーパーの店頭に並んだので

ちぢみホウレン草で豚しゃぶ

 

ちぢみホウレン草って

まったく、えぐみも苦みも感じない

たしかに甘味すら感じるほどだ

 

ありがとう農家の皆さん!

 

f:id:toughy:20200122115546j:plain

 

う~ま~う~ま~

埋もれがちな傑作/ミネソタ大強盗団

f:id:toughy:20200122133545j:plain
f:id:toughy:20200122133536j:plain

 

70年代の映画なのに

コレは見逃していた

フィリップカウフマンの<ミネソタ大強盗団

 

2月13日は「銀行強盗の日」

1866年の2月13日に米国でジェシージェイムズが世界初の銀行強盗に成功した日

そんなジェシージェイムズと仲間のヤンガー兄弟たちのミネソタ大強盗団の話し

 

f:id:toughy:20200122133634j:plain

 

カウフマンって

<存在の耐えられない軽さ>にしても<ライトスタッフ>にしても

ちょっとダルいんだよね

 

それに比べてこの映画はセンスがいい

変幻自在に画が連なっていて

セオリー無視で自由

 

f:id:toughy:20200122133710j:plain

 

タイプは違うけど

ピーターフォンダの<さすらいのカウボーイ>とか

明日に向って撃て!>で西部劇の感覚が変わった

いかにも70年代の新しい時代の西部劇

 

f:id:toughy:20200122133734j:plain

 

主演の二人がいい

クリフロバートソン&ロバートデュバル

 

当初

抑え気味の渋い演技だったデュバルだが

この映画では後年の雰囲気を現し出している

 

f:id:toughy:20200122133807j:plain
f:id:toughy:20200122133755j:plain
f:id:toughy:20200122133818j:plain
f:id:toughy:20200122133827j:plain

f:id:toughy:20200122133838j:plain

 

東出不倫余波、、、

 

しかしなぁ、、、

ボクが東出の代りに妻に怒られるのも不条理だけど(天罰ともいう)

 

もっと困るのは

<コンフィデンスマン.JP>のことと、

BacknumberのMV<ハッピーエンド>がYoutubeから消されないかってこと、、、

 

<コンフィデンスマン.JP>は東出の代役でも立てて継続希望!

唐田えりか出演のBacknumerのMVは結構好きだったから削除しないでえ~!

 

そしてそして

ふたりの出逢うキッカケになった映画<寝ても覚めても>は好きな映画だからミソつけられたのは映画の関係者同様腹立たしい!

 

あとね

ボクの次男が何気に東出に似ているんで

訳もなく逆風にさらされないか、それが心配、、、

 

f:id:toughy:20200124175106j:plain

 

 

 

 

 

少子化対策_失敗したときは過去に学ぶよね

 

何か失敗した時

まずは失敗の原因を探るよね

そして、良かった時の理由に学ぶよね

 

なんで少子化になっちゃったの?

 

子供ができない

*経済的な家計の事情

*子育てより自分のライフスタイルを優先したい

*子育ては大変だからイヤ

*社会の価値観が変わったから

グローバル化の流れに耐え切れなかったから

 

団塊の世代は特殊なケースなので対象にはしないが

それでも昭和の間は「少子化」は言われなかった

 

子供が出来ない

これは仕方ない

ボクの周りにも大勢いる

ほしくても子供を持てない人は気の毒、、、

 

経済的な家計の事情

平成に入って不況になり

経済的な負担が家計に重荷になったってこともあるけど

昭和だってバブルを除けば

子だくさんの貧乏人は沢山いたよね

今でも、たいがい子だくさんの家は決して裕福なわけでない(失礼!)

だから、経済的な理由は当たらない、、、

 

ちゅーことは

 

子育ては大変だからイヤ(ラクしたい)

子育てより自分のライフスタイルを優先したいっていう

自分優先的な考えなんだろうね

 

子孫を増やして繋いでいこうという本能を

自分の欲望が勝ってしまっているんだねって、キツイ言い方ではあるが

これも価値観だからね

 

それに自分の一生の問題、生き方の問題

他人に迷惑をかけなければ好きなように生きればいい

日本人が1000年後に2000人になってしまおうが(そういわれている)

そんなことは関係ない

 

自分の人生は自分の人生

こういうのも社会の価値観が変わったってことだよね、、、

 

「日本人は働き過ぎだ」「男女平等」

ここらへんが一番の理由な気がする

 グローバル化の流れ(欧米の価値観の押し付け)に耐え切れなかったから

 

少子化なんて言われなかった時代は

お父さんが山へ芝刈りに(働きに)

お母さんが川に洗濯へ(家事をして)いたんだよね

夫婦が分業になっていて

それで家族が成り立って子供も育まれた

 

ところが

女性の社会進出が言われるようになってから

従来長く日本に続いていた

それでうまく機能していたスタイルを手放すことになり

核家族少子化などに直面し

日本における家族の姿は崩壊していった、、、

 

だからね

少子化を本気に解消したいのなら

ボクはもう一度昔に回帰するべきだと思っている

 

もちろん男女は平等であるべきだし

女性の社会進出は否定しない

 

でも

なんで家事は妻?なんで男じゃダメなの?

それこそ男女平等の考えに立ち

向いている方が、向いていることを担当すればいい

 

働くことに向いていれば妻が働きに出て稼いでくる

夫が主に家事と育児をする

そういうスタイルが定着できるような社会的な空気づくり

そういうのを生み出すことが少子化の対策になる

国は国民が誘導(強制だったり)するのが得意なんだから

そうしてほしいね

 

それが本来の家族の在り方であるし

それが出来ればまた昔のように子供の笑顔が多い社会になると思うよ、、、

 

f:id:toughy:20200124114300j:plain

 

 

 

夫婦別姓選択制に賛成の反対~

 

夫婦同姓(夫の姓)

選択的夫婦別姓(同姓にするか/別姓にするか、子供の苗字は選択)

夫婦別姓(それぞれの姓を名乗り、子供にはどちらかの氏を与える)

 

って、いろいろな考えがあるだろうけど

 

ボクは

夫婦どちらかの姓を選択する同姓」が、いいと思っているんだ

 

夫の姓に限らず

結婚を機会に夫が妻の姓(氏、苗字)を名乗ること 

 

いずれにしても

家族は皆同じ姓がいいと思うんだよ

家族なんだから、、、

 

よその国が違うからって

日本の風習を捨てて欧米化やグローバルスタンダード化して

駄目になっていったコトやモノは多いよね

日本人に合わない世界の常識は沢山あるんだよ

 

日本は

世界に振り回されず

日本の良さを守るべきものは守った方が良いと思うよ

 

日本の良さを守りつつ

時代に合わせてアレンジした「夫婦どちらかの姓を選択する同姓」

これが良いと思うんだけどなぁ、、、

 

f:id:toughy:20200124114300j:plain

 

 

 

 

夫婦別姓選択制_それなら結婚するな~の国会ヤジの件

 

国民民主党の演説の最中

選択的夫婦別姓にふれ

その議員さんの身近なエピソードとして例として

「同姓を強制されるがゆえに、結婚に踏み切れない」って、人がいるそうだ

 

それに対して自民党の女性議員が

 

「それなら結婚するな~」と、ヤジを飛ばして問題になっている、、、

 

何がいけないのか?ボクには分からない

同姓になるのがイヤだから結婚できないの?

 

結婚って

そういう意識で踏み切ったり踏み切れないってことなのかな?

 

結婚って

好きだから、一緒にいたいから、

だから、するもんだと思っていたボクの頭がおかしいの?

 

そりゃね

愛よりも、姓に大きなこだわりを持っている人がいるかもしれない

人それぞれだから否定もしないけど

 

結婚って

基本はお互いに結ばれて家族を作ることだよね

個人と個人が同じ屋根の下に暮らすこととは違うよね

個人と家族はまったく違うよ(断言)

 

それなら事実婚でいいじゃん

そっちの法制度を突き詰めていけばいいわけで

そっちに力を注ぐべきだよ

 

自分の思想や感情やライフスタイルを

全国民に押し付けるように共有するように持って行こうとするのは

はなはだ疑問だね

 

経済的なことや世間体や見てくれや

いろいろ悩むこともあるんだろうけど、

完璧な相手なんてなかなかなかったりもするし

いろいろな支障や障害もあったりするけど

結局のとこ一番は

好きだから、一緒になりたいから結婚するわけで

 

「姓が変わるのが嫌」が理由になるのは極端で

もしも、本当にそうであれば、

 

今の日本で

結婚するのはやめたほうがいいよ、と、ボクも言いたいね、、、

 

 

f:id:toughy:20200124114300j:plain

 

恋のマニュアル

 

先日デパートのエレベーターに乗っているとき

隣にいた女子高生の2人の会話が

自然と耳に入って来た

 

どうやら最近彼氏ができたらしい女の子の方が

「デートのためにバイトの日も削ったんだよ」と、

すこし不満そうな顔を友人に向けながら

実は半分嬉しそうに、そう口にした

 

「いったいデートって、週何回するものなのかなぁ?」と、呟いた、、、

 

何回が多くて

何回が少ないって

それ気にする意味すらないし

 

たとえ

「毎日会いたい」って、毎日会っていたとしても

「スゴイね」とか「異常」とかからかわれても

「だって、会いたいんだもーん」って、ことで

会う回数に制限掛けたり、限定されたり、強制されたりするものではないよね

 

会いたい時に、会えるのなら、会うもの

それがデートと、おじさんは思うのだが、、、

 

どうやら

この世代の子らは

生まれながらのマニュアル世代だから

自分で考えて行動することが苦手のようだ 

ルールやマニュアルやデーターを気にしながら生きている

 

恋には

ルールもマニュアルもリミッターもないんだぞぉー!

 

f:id:toughy:20200124114300j:plain

ラヴィスおじさん