たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、映画と食べものと、ときどき天然妻、、、

埋もれがちな傑作/グロリア(ルメット版)

f:id:toughy:20211021095212j:plain
f:id:toughy:20211021095214j:plain

 

「Rotten Tomatoesによれば、29件の評論のうち、高く評価しているのは14%にあたる4件のみで、平均点は10点満点中4.2点となっている[2]。 Metacriticによれば、19件の評論のうち、高評価は2件、賛否混在は8件、低評価は9件で、平均点は100点満点中26点となっている」(Wikiより)

 

そんなバカな!どんなバカが採点しているか!

それもこれもオリジナルのカサヴェテス版の評価が高いからなんだね、そのうえジーナローランズの演じたキャラの印象が強いから、、、前作がハードボイルでノワールでタフで強い女の物語に対して、そんなグロリアのキャラのこだわりを排除したまったく別のグロリアが本作では綺麗な脚以外には武器も魅力もない、頭が悪くて、タフでない、ハートも決して強くない、先のない「ないないづくし」の女の物語になっている、、、だから正当に評価するならオリジナルと本作を比較してはいけないんだよ、、、、もしもカサヴェテスが撮っていなくて、ルメットがこれを初めて世に出して来たら、RottenTomatoes野郎たちの評価もまったく違ったものになったはずだよ、、、

 

なぜルメットがこのリメイクを思い立ったのかは不明だけど(本人にはリメイクのつもりはなく別モノ)、カサヴェテスも<グロリア>に関してはいつもの寄った画の多用は抑えていたけど、同じNY派であっても、人物に寄って寄ってあからさまに人間を暴くカサヴェテスに対して、引いて引いて広い視野からありのままを描くルメットの<グロリア>という一人の女性を二人の監督が自分なりの撮り方で撮って「グロリア」と同時に「(監督)自分自身」を表現したのかもしれない、、、

 

映画にとって、「アングル(構図)」「編集」と同じように大切なのが「脚本」だけど、その脚本に大切なのがエピソードを生むシチュエーション、この映画の中では刑務所、空港、バス、地下鉄、風呂場、ホテル(モーテル)、食堂、教会、施設、競馬場、飛行機、電話、カーチェイス、、、幾つものシチュエーションが用意されている、これがなくて映画を成り立たせるのはとても難しいことなんだよね、シチュエーションがないと撮るのが難しくなる、それを用意していない映画はよほどの腕のある監督か、もしくはそれを知らない人たち、だから学生映画なんか観ていても難しんだよね、そりゃ、撮影許可はなかなか取りづらいけど、ロケハンをしっかりして、いろんな場所にキャメラを連れて行かないと良いものは撮れないんだよね、その点NY派でロケの多いドラマを作りつづけてきたルメットという監督は、街という限られた空間を最大限に利用するのが巧いんだよね、、、

 

誰もが本作を「母性の映画」と結論付けるかもしれないが、今まで誰かしら男に人生を委ねてきた主人公の女(いくつかのセリフでも証明されている)が、先の見えない状況で拾った男の子を「一人前の男」に育てて自分の未来に委ねようとしているようにも感じるんだよね、男の子が主人公の女と同じベッドで寝るのが好きだというセリフと、それに対するシャロンストーンの表情に、変態的な思考のボクにはとてもセクシャルなイメージに伝わった、、、

 

カサヴェテス版は大傑作で、非常に優れた映画でもあるけど、、、評価の低いこのルメット版こそ、不正当に埋もれさせられた傑作であるとボクは思うね!

 

f:id:toughy:20211021095230j:plain
f:id:toughy:20211021095217j:plain
f:id:toughy:20211021095225j:plain
f:id:toughy:20211021095221j:plain
f:id:toughy:20211021095223j:plain
f:id:toughy:20211021095219j:plain

f:id:toughy:20211021095228j:plain

 

フルーツサンド/フルーツアンドシーズン

 

ヴィーガンのフルーツサンドらしい

生クリームは豆乳でつくられたもの

それは良い

 

が、

一時たいへん話題になり

大行列ができていたが

今や客は来ずスカスカ

 

高いのだよ

この値段ではリピート客は来ない

(こんな高い値段ならメルヘンで十分)

商売として後々が心配

(あのフルーツ大福の店も同じ運命辿りそうで心配)

 

流行ものの運命

それに輪をかける高い価格

(結果、撤退、経営悪化、、、商売はほどほどが良い、、、あの大ブームだった「たまごっち」も終わってみれば会社の足を引っ張ることになった、、、)

 

この値段なら

ふつうに果物食べた方が安上がりと誰もが思ってしまう

 

シャインマスカット5、6粒なら

その値段でスーパーなら1房買えるからね、、、

 

でもね

美味しいことに関しては間違いない!

 

f:id:toughy:20211020090134j:plain

左から、キーウィ、柿、洋梨、イチゴ

f:id:toughy:20211020090127j:plain
f:id:toughy:20211020090120j:plain

う~ま~

埋もれがちな傑作/うつせみ

f:id:toughy:20211019083721j:plain

 

もしもボクが映画監督なら、こういう映画を撮りたいだろう、と思うような映画だった、、、キムギドクの代表作とは言われていないかもしれない埋もれがちな傑作、、、

 

なにしろ、セリフを極力抑え、説明もほとんどなく、主人公のバックボーンはみえない脚本が素晴らしい、、、とうとう主人公は一言も発しないが、それが少しやり過ぎなようにも感じるがギドクって凄くストイックだと思うので、そこは決めたら徹底したのだろう、、、

 

ちょっとエドワードヤンっぽい雰囲気もあるね、、、<恐怖分子><台北ストーリー>のイメージ、、、影響がなくはないと思える、、、

 

f:id:toughy:20211019083723j:plain

f:id:toughy:20211019083356j:plain

f:id:toughy:20211019083359j:plain
f:id:toughy:20211019083401j:plain

f:id:toughy:20211019083725j:plain

 

 

「平成の怪物」松坂大輔、引退試合、、、

 

正直あまり知らない選手が2000本安打に到達する打者とは違い、投手で200勝して名球会に入るのは至難の業だ、、、名の知れた投手でさえ200勝にはなかなか到達できない、、、「平成の怪物」と呼ばれ、記憶にも記録にも残る大投手といえる松坂大輔でさえ名球会には入れず、「大投手でありながら名球会に入れなかったメンバ-」に名を連ねた、、、

 

江川(135)斎藤雅樹(180)桑田(173)西本聖(165)上原(134/128S/104H)大野(148/138)斉藤明夫(128/133)渡辺久信(125)川口(139)星野仙一(146)西崎(127)西口(182)石井一久(182)松岡(191勝)杉浦忠(187)秋山登(193)長谷川良夫(197)阿波野(75、え!)そして、松坂もその仲間入りをしたわけだ、、、

 

打者も意外な大選手たちが2000本安打に達していない、、、掛布、岡田、石毛、原、篠塚、眞弓、松中(平成唯一の三冠王)、松永、高木豊高橋由伸、新庄、池山、大石大二郎高橋慶彦、田尾、、、

 

「自信が確信に変わった」は名セリフ

松坂大輔はやはり平成のナンバー1ピッチャーだ!

 

f:id:toughy:20211020150029j:plain

 

 

新型コロナウィルス/また一人コロナで死にました、、、

 

また一人

知人がコロナで亡くなった

52才だった

 

ちょっと肥満気味の彼は

あまりコロナに真剣に向き合っていなかったので

すこし気にはなっていたのだが

ワクチンに対しても否定的で接種をしなかった

 

もしワクチンを接種していれば

もしかしたら死ぬまでには至らなかったかもしれないと思うと残念だ、、、

 

日本の全人口の約7割がワクチン接種を済ませている

(1回が7割超え/2回も7割弱)

しかも若年層を含めての数字なのだから

かなり多くの国民が積極的に接種を受けた結果だ、、、

 

一方、今ままで様子見していて

そろそろ受けようとする人は

損得での接種かもしれない

ワクチンを受けていないと

これから様々な局面で制限を受けそうだからという

損得での判断の接種

 

理由はともかく

接種はしないと自分の意志で決め

その信念を貫いたという意味では

損得で今あわてて接種する人たちよりよっぽど彼は潔い、、、R.I.P.

 

f:id:toughy:20211018083513j:plain

 

 

 

 

 

 

映画一言二言/痴人の愛(増村保造版)

f:id:toughy:20211018171228j:plain

 

増村版<痴人の愛>を観た、

 

谷崎潤一郎の有名な原作、中学生の頃読んだボクは、しばらく悶々とした日々を送った遠い記憶が、、、

 

f:id:toughy:20211018171215j:plain

 

あらすじ

精油所の技師河合譲治は酒も煙草も麻雀もやらず、上役や同僚から無類の竪物と思われているが、実は秘かにナオミという女を飼育していた。ナオミはまだ少女の面影を残しているが、譲治は理想の女を作りあげようと奇妙な執念をナオミにそそぎ、そして、ナオミと結婚した。譲治はナオミに教養をつけさせようと、ピアノやイタリア語を習わせたが、ナオミは学生の浜田や熊谷らのボーイフレンドと遊びまわり、勉強はそっちのけだった。そのうえ、ナオミがボーイフレンドの誰彼の見境もなく身を任せているという噂がたった。譲治はナオミを問いつめた。がナオミは巧みにその鉾先をそらし、かえって豊かにみがきあげられたあでやかな肉体を誇示し、譲治はその魅力に屈服するありさまだった。それは、肉欲の前にひざまずく、あさましい人間の姿でもあったが、それだけに譲治はなんとしてもナオミを自分ひとりのものにしたいと思っていたのだった。ある日、彼女の行動になお、不安と疑惑を拭いきれない譲治は、隣家の花村医師にナオミの監視を依頼した。その結果、ナオミは浜田とも熊谷とも関係あることがわかった。口論の末ナオミは家を出た。譲治には、うつうつとして愉しまない日が続いたが、譲治はナオミに関する日記と写真を焼き、キッパリとナオミと縁を切ることを決心した。その後、ナオミについて、譲治はとかくのスキャンダルを耳にしたが、もはや心を動かされなかった。ある日、うらぶれたナオミが、衣類を取りに来たことを口実に帰って来た。譲治の決心は、ナオミを目の前にするとまたぐらつきはじめた。惜し気もなく肌をあらわにして着かえるナオミは、最後の別れに襟足を剃って、ついでに腋の下もと譲治に甘えた。いつしか譲治はあえぎはじめ、もう二度と行かないでくれ、お前の言うことはなんでもきく、馬にもなる、と狂おしくナオミに抱きついていくのだった。(映画.comより転載)

 

f:id:toughy:20211018171219j:plain

 

安田道代(大楠道代)は、そもそも清純派だったらしい、けど、本作の体当たり演技で本格的な演技派女優への転身を図ったものの、体当たりが過ぎて、お色気路線女優へのレールに載させられてしまうことになる、、、実際、演技派女優としての確固たる地位を築くまで<ツィゴイネルワイゼン>を待たなくてはならない、、、

 

よく「体当たり演技」というが、言い換えれば「裸になりました」ってこと、当時の清純派がこれほどの脱ぎっぷりをみせたことは相当の覚悟があっただろうと、、、また、大いに観客を喜ばせたことだったろうと、リアルタイムで観ていない観客は想像するしかない、、、、もう一人の主役、小沢昭一はいつもながらの小沢だ、、、脇を固める村瀬幸代や若き日の田村正和、倉石功が良い、、、

 

f:id:toughy:20211018171221j:plain

 

いつもながら構図が良いし、編集もいい、だからテンポもある、、、大袈裟なS.E.(効果音)も当時としては面白い、、、

 

男の欲、女の欲、種類の違う欲、、、欲が叶うと更に新しい欲が芽生え果てしなく止まることがない、、、欲を叶えるためにバタバタともがく、子供が地面に仰向けになって駄々をこねるのと同じ、、、女なんかいくらでもいる、もっといい女がいると思うのだが、主人公はある意味純真なのだ、、、

 

キチガイ」という言葉が再三使われる、、、いつしか禁句になってしまった言葉だが、キチガイが「キチガイと呼ばないでくれ」と言い出して禁句になったのだろうか?

 

f:id:toughy:20211018171226j:plain