たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、映画と食べものと、ときどき天然妻、、、

映画のこと/映画一言二言

映画一言二言/ジャンヌダルク裁判

英国キリスト教会に売られたジャンヌの、ハナから火刑と決められ始まった裁判、、、敵国が自国の、しかも一教会の都合で行い裁く裁判、、、 どうしてもドライヤーの超名作「裁かるゝジャンヌ」と比べてしまうが、あのクローズアップの迫力とは違い、いつも…

映画一言二言/死霊の盆踊り_ORGY OF THE DEAD

もしもこの映画に点数をつけるとしたら「1点」というか、遠慮せずに「0点」としたい、、、エドウッドが脚本を書いた、代表作といえるのがコレ、、、原題の「死者たちの乱交」といえばホラー映画みたいだが、ぜんぜん怖くない、、、ナイス邦題の「死霊の盆踊…

映画一言二言/リプリー_The Talented Mr. Ripley

あまり調べず書いているが、<リプリー>は原作に忠実にストーリーを追って描いていて、<太陽がいっぱい>は原作にこだわらず監督の意識が大きく働いているように感じる、、、だから同じ原作であっても、そのように感じないのだが、あらためてルネクレマン…

映画一言二言/さらば映画の友よ/インディアンサマー

新宿と沼津を舞台に 19歳の映画ヲタクと大部屋出身の映画狂が出会い過ごした青春の日々 1968年を舞台にした1978年の映画 登場人物はちょうどボクより一回り年配の世代 この世代の人たちは本当よく映画をよく観ている そんな世代の青春映画物語 「ハタチ前に…

映画一言二言/ろくでなし(=悪い種子)_Mauvaise Graine

ずっとボクはビリーワイルダーの監督デビュー作は、米国への亡命途中フランスで撮った<悪い種子>だと思っていたが、<ろくでなし>こそワイルダーの監督デビュー作だとの情報も得た、、、『いったい、どっちが本当なのだだろうか?』と思っていたら、どち…

映画一言二言/無法松の一生(1943年)

日本映画史上有名すぎるファーストシーン、、、二階の部屋をキャメラが飛び出し階下の地上へと降りる、、、アントニオーニの<さすらいの二人>方式ではないかとボクは疑っている、、、ま、アントニオーニよりも宮川の方が先というわけだが、、、 三船&デコ…

映画一言二言/櫻の園

とある女子高、創立記念日には演劇部により毎年<櫻の園>が上演される、、、その上演の日の幕が開く前の数時間の話し、、、前夜に喫煙で補導された生徒のために、まさに上演中止のピンチに、、、 公開当時(1990年)たいへん良い映画だと思ってから30年経…

映画一言二言/信子

昔、実はそんなに昔でもない昭和の頃は「どうぞ、うちの子に厳しくしてください!」と、昭和の親は言ったものだ、、、今では、ちょっと厳しくしようものなら「訴えてやる!」とでも親は言いそうだ、、、どっちが良いのか分からないが、いずれにしても親の質…

映画一言二言/24フレームス

www.youtube.com まずはこの動画/Trailerを観れば、その美しさは堪能できるはず、、、日本未公開(招待上映のみ)の実質的なキアロスタミの遺作、、、ほんと、色んなことを考えている人だよね、同じようなことは考えないし、しない、、、 もともとはキアロ…

映画一言二言/シーリーン

日本未公開のキアロスタミの2008年の作品、、、そう、「作品」といった方がいいね、これは映画とは言えないからね、、、 その映画を観ている観客の女性たちの表情をFIXで映し出しているだけ、80分以上延々とそれが続く、、、セリフや効果音としての音は聴こ…

映画一言二言/スウィートホーム

黒沢清のメジャーデビュー作(東宝)でありながら、その後、伊丹十三(伊丹プロ)とモメて裁判沙汰まで発展(ソフト化の著作権及びテレビ放映の際の編集権)、そんな訳アリで長いこと地の底に埋もれたまま(当時一時的に販売されたビデオ並びにLDの絶版、DVD…

映画一言二言/春琴抄_お琴と佐助

大阪道修町の薬問屋に生れた鵙屋春琴は両親の寵愛を一身に集めていたが九歳の時失明した。琴三絃の道を志したが、その道でも優れた才能を見せ十五歳になると同門で彼女に比肩する者がいなくなった。師匠の春松検校の家までの道を春琴は丁種の佐助に手をひか…

映画一言二言/永遠の戦場_The Road To Glory

ハワードホークスといえば、<暗黒街の顔役>でギャング映画の金字塔を打ち立て、<赤ちゃん教育><ヒズガールフライデー>でキャプラの<或る夜の出来事>と並ぶスクリューボールコメディを先駆けた、、、その後、アクション映画、西部劇とジャンルを問わ…

映画一言二言/苦い銭

バブルの頃 当時いた会社の先輩がこう呟いた 「人って優しいよなあ」 やがてバブルは崩壊し 人々はギスギス生きるようになり 優しさが失われていった気がする、、、 「人としてどうなの?」って言葉が嫌いだという女性がいた 夫を20年間にわたって騙し ほか…

映画一言二言/アンナマグダレーナバッハの日記

アンナ・マグダレーナ・バッハの著とされていた『バッハの思い出』は、Esther Meynellが1925年に出版した "The Little Chronicle of Magdalena Bach" が原著である。著者は偽書を意図したわけではなく、あくまで創作(フィクション)として発表している(192…

埋もれがちな傑作/イタリア麦の帽子

結婚式当日、式場に向かう新郎、、、しかし、少し目を離した隙に、馬車馬が女性の麦わら帽子を食べてしまった、、、その女性は不倫相手と逢引き中だったので、帽子がないことで夫から怪しまれることを心配し、同じものを探すように新郎に迫るのだが、式は刻…

映画一言二言/トムジョーンズの華麗な冒険_Tom Jones!

ソフトが高価だったりで、なかなか辿り着けなっかた映画<トムジョーンズの華麗な冒険>がやっとメディア化され(U-NEXT配信)、とうとう観ることができた、、、長いことアカデミー作品賞受賞作で唯一観れていなかったので、これで作品賞受賞作94作品すべて…

映画一言二言/西部の王者_Buffalo Bill

フレデリチ上院議員と娘のルイザらが乗る馬車がインディアンに襲撃されるが、バッファロー・ビルによって助けられる。ルイザから家に招かれたビルは、バントラインらからシャイアン族の土地に鉄道を敷く計画があることを聞く。ビルはシャイアン族との対話を提…

映画一言二言/ヘルプ~心がつなぐストーリー

1960年代前半。大学を卒業したユージニア(愛称スキーター)はライターを志し、故郷のミシシッピ州ジャクソンに戻った。故郷の友人たちは皆、結婚、出産をしており、家事や育児を黒人メイドたちに任せきった気楽な生活を送っている。友人の一人ヒリーは、病…

映画一言二言/パラード

まったくセリフがない訳でもないが、あらかじめ意図されたそれはないような気がする、そもそも字幕すら必要としないSHOW、、、アートスティックなタチの世界、お洒落で綺麗でセンスが良いタチの世界、、、 LIVE感、映画の自在さ、LIVEをマルチカメラで抑えて…

映画一言二言/ムービー43

映画史上もっともお下劣な最低最悪映画といえば誰もが<ムービー43>と答えるのだろうが、意外にもボクは面白く観た、、、なにしろメインの監督はピーターファレル、あのアカデミー作品賞<グリーンブック>のオスカー監督だ、生理的に嫌悪感を抱く人がいた…

映画一言二言/ルビッチの小間使_CLUNY BROWN

やっぱりね、昔の女優さんは美しいよね、、、ジェニファージョーンズはハリウッドクラッシクビューティの代表格、美しすぎる、、、 1939年の春のある日曜日のロンドンの話である。ヒラリー・エームズは30人の客を呼ぶカクテル・パーティーを間近に控えて、排…

映画一言二言/プレシャス

この映画も気になりつつ見逃していた作品、、、マライアキャリーとレニークラヴィッツが割かし重要な役で脇を固めているのには驚いた、、、 ま、娘に性的虐待を続けて二人も子を身ごもらせた父親もクズだが、この映画でオスカー助演賞受賞した母親もヒドイ、…

映画一言二言/おとなの事情_Perfetti sconosciuti(完璧な他人)

日本版を観るにあたって、イタリアのオリジナル版を観ておこうと、、、全世界でリメイクされ「映画史上、最もリメイクされた映画」としてギネスにも認定されたそうだ、、、 集まった仲間たちが始めた(自殺行為的な、W)ゲーム、かかってきた電話やメッセー…

映画一言二言/暴行

黒澤明<羅生門>のハリウッドリメイク版、プロットはほとんど同じ、「羅生門」は田舎の「寂れた駅舎」に設定され、、、雨雨雨、西部で起きた殺人事件、男、女、イタコ、そして、もう一人の男、、、そしてそして、赤ん坊、、、 オープンセットとスタジオのセ…

映画一言二言/キッズオールライト_The Kids Are All Right

気になってはいたが10年間観ることのなかった<キッズオールライト>を今頃ではあるが観てみた、、、とにかく脚本がいい、良すぎる、最初から最後まで引き込まれたまま終わった、、、 「起」 レズビアン夫婦とそれぞれが一人づつ産んだ子供たち(1女1男)は…

映画一言二言/男はつらいよ(29)あじさいの恋

この、いしだあゆみがマドンナの巻は大変好きな回なのだが、今回は映画の中の「江ノ電」を確認するために観た、、、gavardiniさんから(29)話に江ノ電が登場するとコメントをいただいたが、勿論、いしだあゆみと寅さんの鎌倉~江ノ島デート(満男付き)は印…

映画一言二言/ずべ公番長_夢は夜ひらく

新宿は歌舞伎町を舞台に暴力団に立ち向かうズベ公の話し、、、 「夢は夜ひらく」♪と言えばね、藤圭子、藤圭子の娘と言えば宇多田ヒカル、お母さんも娘もボクは好きだ、夢は夜ひらく♪は名曲だね、よく口ずさむよ、思い切り暗い、こんなにもくらい曲調、、、浪…

映画一言二言/清須会議

三谷幸喜は、演劇の人であり、物書きであり、テレビの人であり、そして最後の最後に映画の人である、、、だから、映画は趣味の延長にあるような気が時々する、、、撮る側としての映画に対するこだわりがあまりない、、、 つくづく時代劇にデジタルはダメだな…

埋もれがちな傑作/不良姐御伝_猪の鹿お蝶

東映エロ/グロ/アクション、というか、ピンク映画の「古典的名作」と呼ばれる鈴木則文監督<不良姐御伝_猪の鹿お蝶>をらん姐さんのお薦めで鑑賞した、、、荒木一郎が音楽を担当しているらしい、出演はしていないのだね、残念、、、幅広く音楽を熟知してい…