たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、映画と食べものと、ときどき天然妻、、、

映画のこと/映画一言二言

映画一言二言/次の朝は他人

フランスの映画雑誌「カイエデュシネマ」で毎年選出されるテンでは、新作が出るごとに必ずと言ってもいいほどにランクインするほどフランスの映画評論家にはとても愛されているのがホンサンス、、、 ときどき白黒で撮るが、今回も白黒作品となっている、、…

映画一言二言/ソニはご機嫌ななめ

一人の若い女を巡って、三人の男が想いを寄せる、、、いつもながらのホンサンスの恋愛ヨタ噺、、、 ホンサンスの映画には 1)かならず登場人物(多くは主人公)に映画監督(映画制作関係者)がいる、、、ホンサンス監督自身の投影なのだろうか? 2)かならず…

映画一言二言/愛は霧のかなたに_Gorillas In The Mist

同じ地球に生きていると、相性が悪くても、とても付き合いたくないような人々がいる国でも、この地上から脱出する以外に縁を切ることは出来ない、、、この映画に登場するアフリカ現地の人々は、とても無知で野蛮だ(もちろん全ての人ではない)、、、それが…

映画一言二言/愛の奇跡_A Child Is Waitting

ボクが子供の頃は、まだ、障害のある子供を親は「隠す」傾向にあったと思う、、、「〇〇さんの下の子、ダウン症らしいわよ」と近所のおばさんが噂していても、ボクは大人になるまでその子を見かけることがなかった、、、ここ2、30年のことじゃないかなぁ、む…

映画一言二言/バケモノの子

評判になった映画以外でアニメを観ることがないので、アニメや漫画の世界のことに詳しいわけではないが、次男が言うには「細田はケモナー」なのだと、「???」はじめて聞いた言葉だが、どうやらディズニーや、とくに手塚治虫を思い出すとピンと来るかもし…

映画一言二言/ヘウォンの恋愛日記

↑主人公の不倫相手 「ゴダールのようだ」とも言われるらしいが、ホンサンスはどちらかというと「トリュフォー」に似ている気がする、しかも「変態でないトリュフォー」、、、「恋愛日記」なんて、いかにもトリュフォーを意識している気もするが、、、 ↑主人…

映画一言二言/L.A.大捜査線/狼たちの街_To Live And Die In L.A.

もちろんこのフリードキンのタイトルは知っていたけど、今まで縁がなく、初鑑賞となった、、、85年の公開だが、その前年84年にTV<特捜刑事マイアミバイス>が放送開始され、そのディレクターだったマイケルマンが、「似ている」と、この映画のフリードキン…

映画一言二言/しんぼる

何かと映画監督としては高い評価を得られない松本人志の作品を恥かしながら初めて鑑賞した、<しんぼる>、、、<CUBE>や<ソウ>などのような不条理ワンシチュエーションスリラーものの体裁、ここに目を付けたアイデアはセンスがいい、、、Mrビーン…

映画一言二言/豚小屋

ガキの頃、映画のチラシを集めていた、チラシなんてそもそも情報を得たら捨てられる運命なのだが、その当時の映画小僧たちはチラシ収集に熱心だった、、、チラシには価値がついて、レアな映画のチラシには高額な値がつけられた、、、まだパゾリーニなんて名…

映画一言二言/ロゴパグ「リコッタ/意志薄弱な男」

ロゴパグの「パ」はパゾリーニのパ、、、オーソンウェルズ演じる映画監督がキリストの受難を描いた映画を撮影している、、、キリストと共に十字架の張りつけられる一人の男を演じる演者がロケ弁(リコットチーズとパン)を貧しい自分の家族に与えたことから…

映画一言二言/ロゴパグ「潔白」_Ro.Go.Pa.G「Illibatezza」

「ロゴパグ」とは、このオムニバス映画に参加した4人の大監督、ロッセリーニ、ゴダール、パゾリーニ、グレゴレッティ、その名前の頭文字を並べたのがタイトル、、、3人の巨匠と比べるとグレゴレッティは日本ではあまり知られていないが、ここに参加した経…

映画一言二言/2046

キムタクが出演したウォンカーウァイの大人の恋とSFチックでお洒落な一本、、、業界内では「キムタク」と言ってはいけないのが約束事になっていて、それを言えるのは明石家さんまだけではないかな、、、本当はね、そういう愛称が付くのはスターとしてとて…

映画一言二言/忠烈図

香港カンフー映画界の巨匠キンフーの香港版<七人の侍>とも言われる作品、、、サモハンキンポがラスボスの日本人として登場し死闘を演じ、ユンピョウ、ジャッキーチェンも端役で出演している(ようだ)、、、 キンフーは、あの難解が故にカンフー版<2001…

映画一言二言/若おかみは小学生!

ボクの次男の世代ではバイブルのように、誰もが知っている児童文学であり、その後、漫画化、テレビアニメ化もされ、ジブリで作画監督のキャリアを続けてきた高坂希太郎監督が映画化したのが<若おかみは小学生!> 交通事故で両親を失いながらも祖母を見守…

映画一言二言/この庭に死す

山師のシャークは金の採鉱者たちが集まるキャンプ近くの村にやってくるが、地元の警察に拘束されてしまう。彼が近隣で起きた銀行強盗に絡んでいるというのだ。しかも、今度は警察が金鉱を州のために没収してしまったので、採鉱者たちが暴動を起こすが、それ…

映画一言二言/天使のはらわた_赤い教室

<天使のはらわた>関係は若い頃に観ていたが、とくに好きな部類ではなかった、、、が、次男が<天使のはらわた/赤い教室>を観て、よく撮れているというので、あらためて観てみた、、、 70年代といえば、60年代後半のアメリカンニューシネマの多大なる影響…

映画一言二言/殺人幻想曲_Unfaithfully Yours

プレストンスタージェスのスクリューボールコメディ、突飛な登場人物によってテンポよく繰り広げられる事件の数々と洒落た会話、風刺も込めながらドタバタとした笑いもありの、そんなスクリューボールコメディの見本のような作品、、、ああ、面白かった、、、…

映画一言二言/避暑地の出来事_A Summer Place

あまりにも有名な音楽で有名な映画だけど、本編じたいを褒められることは少ないような気がする、、、デルマーディヴィス監督、あまり有名ではないが、ダグラスサークのような手慣れた語りのメロドラマに引き込まれた、、、この当時は、サーク並みとは言わな…

映画一言二言/ミッドナイトスカイ

Netflix作品<ミッドナイトスカイ>ジョージクルーニーの製作、監督、主演、、、 傑作SF映画<ゼログラビティ>でアルフォンソキュアロンから学んだはずのジョージクルーニーだが、『学んでいないなぁ』と溜息をつくほど面白くなかったが、、、まったく学ん…

映画一言二言/河(ツァイミンリャン)

ツァイミンリャンは最初に最新作を観てしまったため、監督に対する認識が間違っていた、、、ツァイミンリャンを観たことのない人は、最初にかならずデビューからの三部作(青春神話、愛情萬歳、河)を観るべきで、そして、ツボに入った人は、その後の作品へ…

映画一言二言/愛情萬歳

「男は強く、女は優しく」ボクは基本これでいいと思っている、、、もちろん、そうでない人もいるだろうから、そうでない人は反対の立場でいい「女が強く、男は優しく」でもいいね、、、強い同士、優しい同士もいいけど、いずれにしても、「強い人と優しい人…

映画一言二言/楽日(らくび)

ツァイミンリャンっていうと、ボクが観た限り、かならずトイレのシーンが出てくる、、、この映画でも、閉館となる映画館のトイレを従業員の女が掃除をしている、、、閉館するんだから、なにも掃除することもないような気もするが、女は淡々といつものルーテ…

映画一言二言/伯爵夫人_A Countess From Hong Kong

チャップリンの唯一のカラー作品、マーロンブランドとソフィアローレン共演、しかしチャップリン唯一の「駄作」とも言われる、、、そこまで言うほどヒドイとは思わないし、つまらなくもない、、、でも、チャップリンにしては芯が弱い、批判精神が薄いので残…

映画一言二言/ベンジャミンバトン_数奇な人生

そもそもフィンチャーって、さまざまなジャンルを撮る、、、とくにポリシーもなく、一貫性もない、興味を持った題材に取り組むだけで、そこには思想的な思いは挟まない、、、センスのいいビジュアルでアーティスティックではあるけど、むしろ職人気質を感じ…

映画一言二言/拳銃の報酬_Odds Against Tomorrow

オーソンウェルズをそばで見ていたロバートワイズ 狙ったローアングルの画の多用は ウェルズの影響を受けているんだろうなぁ、、、 音楽の付け方が抜群にいい 映画界に入ったのも「音響効果編集」が最初のキャリアだし のちのち<ウエストサイドストーリー>…

映画一言二言/コヤニスカッティ_Koyaanisqatsi

エコだとか、SDG'sとかいうけど、、、 常軌を逸した人生、、、他の生き方を脅かす生き方、、、混乱した社会、、、崩壊する社会、、、平衡を失った社会、、、 物質文明、、、すべては人間の「欲」 それを皮肉るように、キャメラは駒落としで人々を、という…

映画一言二言/離愁

今頃ぉ~観た、、、期待してなかったからか、面白かった、、、ロミーシュナイダーの初登場シーンが巧い、主人公が貨車に乗り込むと目の前にタイプの女がいる、こういうパーンとした出し方が好きだ、、、 迫りくるドイツ軍から汽車で逃げる民間人たち、、、で…

映画一言二言/ブロンド少女は過激で美しく

まずは、一番過激なのはタイトル自体です、、、W 映画自体は、過激というほど過激でもなく、美しいというほど美しいかは好みの問題として、、、監督のオリヴィエラは106歳で死ぬまで監督をやり、106歳になっても少女を語る、、、男は、そういうものなのかね…

映画一言二言/苦役列車

家庭環境に恵まれず 中学を出ると家を出て日雇い生活 追い出されるまで 家賃は払わない主義 家賃を払うぐらいなら風俗に行く タバコと酒と風俗と読書 それが主人公の世界の全て 他のことがない 他のことを知らない 他のことをやれない それでも芥川賞をとっ…

映画一言二言/禁じられた情事の森_REFLECTIONS IN A GOLDEN EYE

ずっと、観たくても、観れなかった、ジョンヒューストン監督、マーロンブランド&リズのコレを、、、もはやコレしか観る手段はないと、画質は目をつぶってLDで購入して観た、、、やはり困った時のレーザーディスク、タイトルの宝庫だ、、、 この映画で一番す…