たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、映画と食べものと、ときどき天然妻、、、

ボクの好きなショット/午後の曳航

この映画が初めて日本で公開された頃のボクは
非常に多感な年ごろで
三島由紀夫太宰治を読みあさっていた

とくに
太宰なら「斜陽」
三島なら「午後の曳航」が好きだった

午後の曳航は
三島ってことだけでなく
人生で読んだ中でも最も好きな一つかもしれない

子供の二面性
子供の残酷性
いや、もっと踏み込んで
サイコパスを既に当時描いているのだ

だけど
そんな大好きな原作の映画化だけど
むしろだからこそ観ることが出来ずにいた

原作を超えるわけがないからね

案の定
原作を超えることも
原作とは別の側面でのアプローチもなく
映画としては厚みのない「並」な作品になっているが、

とにかく
撮影が素晴らしい

というか、ロケーションが素晴らしい

ロケーションが美しいつながりで
主役にサラマイルズ<ライアンの娘>を
起用したのではないかと疑うほどだ、、、

幾通りもの
海の顔、自然の表情

<召使><冬のライオン><JCSS><ジュリア><IJシリーズ>の
名匠ダグラススローカムのキャメラが冴える、、、

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12