たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、映画と食べものと、ときどき天然妻、、、

お早ようVSサザエさん一家

お早ようVSサザエさん一家

イメージ 1

何のことかというと
年齢

サザエさん一家に関しては
昔から年齢に関しては
いろいろ言われているけど
あらためて確認すると

波平 54才
フネ 50才
サザエ 24才
カツオ 11才
ワカメ 9才

なのだそうだ

波平やフネは
今の感覚で見ると
65才以上にみえる

一方
小津作品<お早よう>では
ちょうど
カツオとワカメの年齢に近い子供を持つ
親たちが主人公だ

見ていると
サザエさん一家の年齢違和感と
共通の感覚を
この<お早よう>を観ていると感じる

そういう意味では
リアルサザエさんワールドなのだ

たとえば杉村春子

イメージ 2

いったい
何才に見えるだろう?

自分の感覚では
65才くらいに見える
役柄は
カツオと同じ年頃(11~13才)の子供を持つ親だ

お祖母ちゃんではないのだ
あくまでもお母さん
いったい幾つで子供を産んだのだろう
と思ってしまう

イメージ 3

黒髪に染めて頑張っている
何しろ
老人を演じた<東京物語>の6年後の作品だ

本作中では定年の話をしているので
50才そこそこ
(昔の定年退職年齢は55才だったはず)

50才にみえるだろうか?
下の子は8~9才ほどだし
カツオと同じ年頃の子供を持つ親なら
もしかしたら40~45才くらいの役かもしれない
尚さら信じがたい

頑張っている笠智衆にしても
杉村春子にしても
今の感覚で見ると
65才超えに感じる
昭和はみんな老けていた

というか

大人っぽかった
ともいえる

イメージ 4
お祖母ちゃん役ではない
三宅邦子も子供たちの「母親」役
推定アラフォー役