たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、映画と食べものと、ときどき天然妻、、、

今観るとガッカリ映画?/ビッグウェンズデー

波乗りをしない男女でも
サーファー風のファッションが町中に溢れた
80年代前半

スピルバーグやルーカスと
肩を並べて語られていた
新しいハリウッドの才能の一人
ジョンミリアス監督による
サーファーたちの青春映画<ビッグウェンズデー>

観た当時
まだツタヤもなかった当時、

わざわざ渋谷まで出かけて
1本1000円もするレンタル代を払うと
字幕も吹替えも無い
米国から輸入したVHSを借りて
繰り返しみたものだ、、、

そのレンタルビデオ屋は
その後なくなった

同じころ
CD以前の時代
レコードは、「友&愛」で借りるものだった

そして
借りてきたLPレコードのアルバムを
テープにダビングして聴くのが常識

その友&愛のアルバイト店員が
のちにレンタルビデオ屋を棄て
今のエイベックスを立ち上げるわけだ、、、

ずいぶん
話しが逸れたが、

そんな時代に
大人気のサーフィンを扱った映画<ビッグウェンズデー>は
若者たちの大評判となる

たしかに
楽しくて、ワクワクする
青春映画の傑作<アメリカングラフィティー>と並ぶ
青春映画だった、、、はず、、、だ、が、

今では
レンタルでなく
DVDを買って
久久に観てみたが、、、

ひどーーーーい!
ひどすぎる!
つまらなすぎ!

こんな
つまらない映画ではなかったはずなのに、、、

始まって20分で
見るに耐えない粗末な映画を止めてしまった

大好きで大好きで
生涯のベスト100にも入る作品だったはずなのに

せっかく1000円で買ったDVDなのに
この映画とは永遠にオサラバだ!

いう
悲しい結末により

ビッグウェンズデーは
かくじつに

今観るとガッカリ映画!

この映画を好きな人は沢山いると思いますが
大切な思い出として心にしまい
封印した方が身のためです、、、

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
ポスターは思い切りカッコイイイなぁ、、、