たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、映画と食べものと、ときどき天然妻、、、

くつろぎカフェオレ

週に3、4度
ゴミの日の早朝に
近所1ブロックの路上清掃をしている

ときどき
近所の口の悪い人に見つかる

「似合わねえなぁ」とか
「ガラじゃないねえ」とか
からかわられる
が、

いったい
ボクのイメージは
どんななのだろ?と思ふ、、、

清掃していると
タバコの吸い殻の多さに辟易する

まだ
火が付いているタバコも
ときどき見かける

近所でタバコの投げ捨てによるボヤをキッカケに
近所の人が心配する様子を見て始めたのが
清掃活動の理由だから
こういう火の付いたタバコを見かけると
腹立たしい、、、、

いっぽう
おかしな現象も見かける

掃除のたびに
だいたい同じ場所に
飲みかけの缶コーヒーが置かれているのだ

缶コーヒーの投げ捨てなど
とくに珍しいことでもないが

同じ場所に同じ銘柄のコーヒー缶
しかも
非常にマイナーな缶コーヒーだから
それが
なんだか可笑しい

BOSSでもFIREでもROOTSでもWONDAでもジョージアでもなく

くつろぎカフェオレ、、、

見たこともない商品だ

コンビニでも見かけない
自動販売機でも見かけない

いったい
どこで売っているのだろ?

そのデザインもパッとしない

商品名と同じくユルい感じで
どこかで見かけたとしても
けっして手を伸ばす類の商品ではない

しかし
見知らぬ「この人」は
毎日のように
この缶コーヒーを買っては
同じ場所に置いて(棄てて)ゆくのだ、、、

癖(ヘキ)だね

もしかしたら
誰かに気づいてもらいたいメッセージが
込められているのかも知れない

非常に地味な「ヘキ」だ、、、

しかし
1か月ほどつづいた頃
くつろぎカフェオレを見かけることはなくなった

すこし淋しい、、、

しばらくして
新たなるヘキが登場した

それは、空き箱

最初のうちは
単なるゴミと思っていたが
以前のヘキと同じように
定期的につづく

あきらかに
意思が感じられる

しかも
空き箱の商品は
スティック型インスタントコーヒー、、、

缶コーヒーなら
家路を飲みながらのイメージをできるが
インスタントコーヒーとなると不思議だ

それを
どこで中身を出して
あいた箱を
同じ場所に投げ捨てていくのか、、、

ほんと
世の中
おもしろい癖の人がいる、、、