たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、映画と食べものと、ときどき天然妻、、、

MVP争い、大谷 VS ジャッジについて、、、投手1勝の価値、本塁打何本に相当?

 

大谷翔平は2年連続のMVPなるか “公平な目線”でライバルと比較してみた(1/3)〈dot.〉 | AERA dot. (アエラドット) (asahi.com)

 

ア・リーグのMVP争いは、すでにベーブ・ルース以来104年ぶりとなる「2ケタ勝利・2ケタ本塁打」を達成した二刀流の大谷と、シーズン61本塁打ア・リーグ記録を61年ぶりに更新するペースをキープしているアーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)の一騎打ちと言っても過言ではない。(上記、記事より)

 

でもね、風向きはどうやら大谷の方には吹いていないようなのだ、

 

大谷翔平の2年連続MVPはまだ可能か。ヤンキースのジャッジが圧倒的優位な理由と、それを脅かすために必要な成績は?|MLB|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva (shueisha.co.jp)

 

1956年に「サイヤング賞(最優秀投手賞)」が制定されてからは「MVP」は投手以外からという考え方が浸透しているようだし、

 

日本で大騒ぎになった「ベーブルース以来の2桁勝利/2桁本塁打」も米国では日本ほどの扱いにはなっていない

 

よって、センセーショナルだった昨年は「大谷の年」で、昨年よりホームラン数の減った今年は他の人に譲るべきだという雰囲気もある

 

とくに久しぶりの60本塁打(しかもステロイドフリー)を目指すジャッジのインパクトは大谷を凌いでいるようだ、、、

 

ソース画像を表示

 

ボクは日ごろ思っている

投手の1勝の価値ってどれほど?

ホームラン何本に値する?と、

 

ボクは投手の「1勝」は本塁打「2.5本」と同じと考えている

 

20勝投手は本塁打50本の強打者と同じ

そう考えると妥当でない?

 

今年の大谷の場合

現実的な数字として仮に本塁打30本で12勝したとすると

30+(12*2.5)でボクのホームラン換算だと60本となる

 

さらに13勝、本塁打も30本以上の上乗せとなると

ジャッジのホームラン数より大谷の方が価値が大きくはないか?

 

ま、「1勝=本塁打2.5本」

それは勝手にボクが言ってるだけのことなので

どういう評価を下されるかは分からないが、

 

ただね

ひとつ思うのは

MVPってのはホームラン競争ではないからね

 

それは本塁打王のタイトルがあるわけで

もっとも活躍した選手ってことなら

「唯一無二」誰もマネのできない活躍をしている大谷こそが

もっとも活躍した価値ある選手ではないかと思うが、

 

ジャッジが60本超えとならず

大谷が勝利、本塁打ともに積み重ねていくと

MVPの行方もまったく分からなくなると思う、、、