たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、映画と食べものと、ときどき天然妻、、、

映画の中の「慰安婦」、、、

 

いま韓国では

連日のように「慰安婦」のことが、

 

慰安婦団体の不正や

慰安婦が日本に感謝していると発言したり

慰安婦たちが反日集会には行かないと言い出している

そんなことが韓国でニュースになっているのに

 

なんで日本では

そのことがニュースにならないのだろう?

 

韓国の連日のトップニュースで

日本にも関係することなのに、なぜ報道しないのだろう?

 

日本国、日本のマスコミが

韓国に気を遣っているのかね?

 

あっちはこっちのことなんか気を遣うことなんかないのに

いつも、こっちはあっちに気を遣う

どうかしてるんじゃない?

 

日本では

まったく報道されていないのに

韓国では

日本が大騒ぎしてこの機に及んで

慰安婦の問題をすり替えようとしていると報道している

 

なんなの、この現実とまったく違う報道のされ方、、、

 

いずれにしても

なんらかの意思が

日本のマスコミにあるんだね

もしくは

(日本政府が)マスコミに対して報道しないように働きかけがあるんだね

 

すごく不思議だね、、、おかしいね、、、

 

 

f:id:toughy:20190822083033j:plain

 

なんども話している話で恐縮だが、

映画<パールハーバー>の撮影過程でのこと

 

日本人スタッフが史実との違いやおかしな描写を指摘すると

ハリウッドの大物プロデューサーがこう答えた

 

観客はお金を払って歴史を勉強しに来ているのではない、エンターテイメントを楽しみに来ているのだ」と、

 

たしかにそうだろう、、、しかし、

その観客たちは映画で観た記憶を知識として脳に刻むことになる、、、

 

映画はエンターテインメント

事実よりもストーリー性が重視され、

よりドラマチックなものを観客が望み

製作者はその期待に応えようとする、、、

  

f:id:toughy:20200522093829j:plain

 

数年前に韓国で<軍艦島>という映画が公開された

 

軍艦島で働いたり住んでいた人たちには違和感があるような

仮想ドラマが繰り広げられているそうだが

 

一方で

悪い日本人たちの虐待に耐えかねて

暴発する韓国人労働者たちの描写を望んだ観客たちには不満の残る内容だったようだ

 

事実でなくても造り上げ

観客の欲求に応えるのがエンターテインメントの使命なのだ

 

しかし、それを観た観客たちの中には

映画で観た記憶を知識として脳に刻むことになるだろう、、、

 

f:id:toughy:20200521160537j:plain

 

だからね、慰安婦の件も、

朝日新聞が記事にして、韓国が騒ぎ始める以前は

日本映画の中でも、ごく普通に「慰安婦」は描かれていたんだよ

 

戦争を体験した人たちが

体験したままに描いていたんだからね

 

その何十年後かに

そんな騒動が始まるなんて思いもせずに

体験したまま映画にしていたんだよね、、、

 

ときどき愚かな人が

その時の世界情勢、社会状況、風潮、価値観を抜きに

今の価値観で戦争や慰安婦のことを語ることがあるが

それはもっとも愚かなことだよね、、、

 

戦争に行ったことがない人が

今の感覚で道徳を説く、、、バカだね

 

f:id:toughy:20200521160553j:plain

 

慰安婦が登場する映画

おもいつくまま、、、

 

独立愚連隊、独立愚連隊西へ、兵隊やくざ、新兵隊やくざ、春婦伝、血と砂、赤い天使、グラマ島の誘惑、肉体の門大日本帝国、きけわだつみの声 、女衒、(サンダカン八番娼館/望郷)

  

f:id:toughy:20200521160651j:plain

 

20年ほど前

戦時中は中国で戦っていた

弊社の顧問弁護士のおじいちゃん先生に訊ねたことがある

ちょうど慰安婦の問題が持ち上がり始めた頃だ

 

「実際、慰安婦って、どうだったんですか?」と、ボクが興味本位で訊ねると、

 

即座に先生はこう言った

「なんでも、勝てば官軍だよ、すべては勝者のこさえた筋書きを、悔しさに堪えて、敗者は黙って聞くしかないんだ、それが戦争で敗けるということだ」と、

 

そして、

それでも食い下がるボクに対して、先生は重い口を開き、話し始めた、、、

 

「勝った国によって歴史は書き換えられる、日本兵だけが野蛮なのかい?中国の卑劣で汚ない戦い方はどうなの?、、、まるで中国や米国だけは綺麗に戦ったのかい?でも、そのように語り継がれる、悪者の日本だけが悪い汚いやり方で戦ったと、、、

 

ハッキリいえるよ、戦争にキレイも汚いもないよ、生きるか死ぬかだからね、終わった後に勝った国が自国を称賛し敗戦国は言われるがまま、それが戦争、だからね、、、、

 

慰安婦のことも、韓国は勝戦国ではなく、むしろ日本側だけど、韓国がさも敵国であったように振舞わっている(勝戦国のように好き勝手に言う)ことだからね、それに関しても、私は言わない、、、なぜなら事実は事実、彼女らは娼婦だった、戦場で兵士たちが性の奴隷として扱った事実はない、金を払って買っただけ、、、

 

兵隊たちは最前線に出る前の休日に慰安所で娼婦を買う、行列ができるほど盛況で、それに関しては売春婦たちも大変だったと思う、1日に何人も相手にしなけらばならない、、、日本人も韓国人の売春婦もいた、そりゃ田舎の貧しい家から売られてきた子もいただろうが、ほとんどが日本でも売春宿にいた女たち、韓国人の娼婦は多くがキーセンだよ、、、政府や軍が韓国の田舎から少女を拉致してきて働かせていたなんて、噂でも聞いたことがない、おそらく私だけが知らないのではなく、兵隊なら皆そう言うだろう、そんなことは戦争が終わって何十年と経ってから急に降って湧いて言い出したことだからね、、、

 

可哀想な被害者というイメージだけど、実際は札びら数えながら股を開いていた韓国人の女がいたのも事実だし、移動の際は神輿の上に載せてやり、担がされたのは私たち兵隊たちで、神輿の上でも金勘定して、疲れ果てながら神輿をかつぐ兵隊たちに見せびらかしておちょくっていたから無性に腹が立ったよ、こっちは死にそうなのに本当憎たらしかったよ、、、、

 

それが私が体験し、見てきたこと、それさえも、どうせ作り話と思うヤツもいるかもしれない、でも体験してもいない奴が何故さも知ったような口がきけるのだろう?不思議でならない、、、歴史は正しくなくても、それでいいというのが、世界の暗黙の了解なんだろうな、、、」

 

この先生の言う事と、反対のことを言う人がいる

ボクは先生がどんな人だか知っている

先生が尊敬できる素晴らしい人で

ウソをつくような人ではないこともボクは知っている、、、

 

f:id:toughy:20200521160919j:plain

川島雄三の<グラマ島の誘惑>の中では

日本人も韓国人も当たり前のように慰安婦として登場する、、、 

 

具体的な根拠も示さずに推測で何十万人の被害者慰安婦(拉致、強制)がいたと言い、それを信じろという

 

キーセンや貧しさから娘を売った人たちを

すべて無理やり拉致して慰安婦に仕立てたことにすり替えようとする

 

韓国内で日本軍が占拠していたわけでない

韓国人を徴兵しなかったのは、日本のために戦うどころか逃げてしまうだろうし、日本に対する感情が悪化するから強制して徴兵しなかったのだ、

それなのに時々無理やり戦場に行かされたという韓国人が描かれる映画があったりする、、、