たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、映画と食べものと、ときどき天然妻、、、

映画のこと/映画感想

映画感想/15年後のラブソング_JULIET, NAKED

英国の港町、サンドクリフ。アニーは同地の美術館のキュレーターとして働いていた。彼女はパートナーのダンカンと一緒に暮らしており、何不自由ない生活を送っていたが、どこか物足りなさを感じていた。 ダンカンはロック歌手、タッカー・クロウの歌をこよ…

映画感想/MOTER/マザー

実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得た物語 両親や妹からも見放され、その日暮らしで喰いつなぐだらしない女であり母親だが、幼い息子はネグレクトされても母親と一緒にいるしかない。社会の底辺で生き延びることだけの絆で結ばれた母と息子…

映画感想/シカゴ7裁判

映画はテレビドラマと同じ テレビドラマは映画と同じ 映画は「映画」と呼べる特殊なものではなく ただの「物語の映像化」でしかない 映画の独自性や果たす役目はもはやなく オーソンウェルズやブレッソンはもう生まれはしないだろう その流れを加速させるの…

映画感想/デッドドントダイ_The Dead Don't Die

DDD Dead Dont Die ジムジャームッシュがゾンビ映画を撮るとこうなる ジャームッシュが撮る意味があったのかは疑問だが 本人がやりたいなら撮れるうちが花、、、 ジャームッシュのペースで遊び心が満載 ゾンビホラーというよりはファンタジー …

映画感想/Fukushima50

動燃 動力炉核燃料開発事業団 昔、そんな組織があった ボクは昔(20代中ごろ) そこの広報のVP(PRビデオ)を制作していた ま、原子力発電の安全性を訴える片棒を担いでいたことになる でも、そりゃ、仕事だからね、仕方ないね、堪忍ね どんなに原子力発電が…

映画感想/スパイの妻

黒沢清監督が ヴェネチア映画祭で監督賞(銀獅子賞)を受賞した作品で、 主演の高橋一生と蒼井優は 別の監督の作品(前作<ロマンスドール>)と続けて2作品夫婦役となった 物語は 「スパイの妻」というよりも「スパイと疑われた男の妻」が正解で 太平洋戦…

映画感想/記憶にございません!

<記憶にございません!> タイトルがいいね 記憶を失った総理大臣と 政治家の常套句「記憶にございません!」を掛けたタイトルがいい 本当に記憶を失った総理大臣の物語 こういう政治をギャグにした映画は日本では珍しいよね 目の付け所がいいね ときどき映…

映画感想/ストーリーオブマイライフ/私の若草物語_LITTLE WOMEN

名匠ジョージキューカー、マヴィンルロイの 過去版と比べても遜色ないなかなか良い映画だった、、、 物語は 過去を振り返りエピソードを網羅しながら 「若草物語」の続きであり 女が女優か売春婦にでもならない限り 男なしには生きるのが難しい時代に 恋より…

映画感想/ジュディ_虹の彼方に

ジュディガーランドが薬物の多量摂取により亡くなる半年前の5週間に及ぶロンドン公演中の出来事の映画化 想像したより綺麗に話がまとまっている 本当はもっとドロドロと描くこともできただろうけど 制作者たちのジュディに対する リスペクトをもって本作を…

映画感想/異端の鳥_The Painted Bird

只今、小規模公開中ながら 映画ファンの間では、たいへん話題になっている<異端の鳥> チェコ、スロバニア、ウクライナによる合作映画を観に行った、、、 ホロコーストを逃れるために叔母の家に疎開していた少年が、叔母の病死と火事により身寄りと居場所を…

映画感想/セノーテ

ボクは夏にシュノーケリングをするのが好きだ ただ何も考えず水に浮かんで長いこと漂い 自分の呼吸音を聴きながら水の底を眺めてる、、、 「タルベーラの弟子」をキャッチフレーズにしている 日本の女性監督小田香は今や注目の的 前作<鉱ARAGANE>を見逃し…

映画感想/ジョンFドノヴァンの死と生

「生と死」ではなく「死と生」なんだね、、、 <マミー><たかが世界の終わりで>で人気のある グザヴィエドラン監督の<ジョンFドノヴァンの死と生>を鑑賞した 実はドランはあまり相性が良くない それでも、好きでもないのに気にはなるので、観る、、、 …

映画感想/一度死んでみた

今年の流行語大賞の候補に必ず入りそうなのが テレビドラマ<半沢直樹>で香川照之が言った「お終いDEATH!」 でもね そうなると心穏やかでない女優が一人いるんだよね、、、広瀬すず この映画<一度死んでみた>を観るまで知らなかったけど 「***DEATH…

映画感想/TENETテネット

上から読んでもTENET 下からよんでもTENET 大ヒット上映中の<TENET/テネット>を観てきた 理屈抜きで面白い! でも、「理屈で説明してくれ」と云われたら答えにくい、、、W 世間では「難解だ」とか 「ストーリーがよく分からない」とか言われているようだけ…

映画感想/ヴィタリナ

<テネット>にするか それともこの<ヴィタリナ>にするか? 久しぶりの映画館に さんざん迷ったが<ヴィタリナ>を優先した、、、 ポルトガルの鬼才ペドロコスタ いま世界でもっとも注目されている監督の一人 全カットがFIX 全編のほとんどが暗い室内で 引…

男はつらいよ(50)お帰り寅さん

<男はつらいよ>製作50周年、50作品目 実際の渥美清は死んでも 映画の中での寅さんは死んでいない 寅さん NEVER DIE ! さくらが言う 「2階の部屋はいつお兄ちゃんが帰ってきてもいいようにあけてある」と、、、、(涙 ラストは まるで<ニューシネマパラ…

映画感想/野性の呼び声_The Call of the Wild

飼い犬であったバックは、カリフォルニア州ののどかな屋敷から誘拐され、そり犬として売られて苛酷な運命にさらされる。本作品は、バックがその環境変化の中で、人間および他の犬とかかわり方を学び、極寒の自然の中で生き残る戦いを描いている。彼は本能に…

映画感想/コンフィデンスマンJP_プリンセス編

<コンフィデンスマンJpプリンセス編>を観た 東出の問題で 再撮や編集の噂もあったが これは撮り直しできないね 東出がかなりのシーンに出ているから ほとんどのシーンを再撮することになってしまうからね そもそもハリウッドなら そんな話にはならない プ…

映画感想/スキャンダル

2016年にアメリカで実際に起こった女性キャスターへのセクハラ騒動をシャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーの豪華共演で映画化。アメリカで視聴率ナンバーワンを誇るテレビ局FOXニュースの元・人気キャスターのグレッチェン・カー…

映画感想/i_新聞記者ドキュメント

ときどき混同している人がいるけど 「記録映画」と「ドキュメンタリー映画」は違うよ 「記録映画」は <極北のナヌーク>や<東京裁判><三島由紀夫VS東大全共闘>など そこで起こっていること、その光景を、私情を挟まず、ありのまま映して記録すること …

映画感想/劇場

これもコロナ余波に泣いた作品の一本 新型コロナウィルスの影響で当初4月の公開が延期となり、公開時期も未定となったが、配給が松竹から吉本興業となり、新たな公開日が7月17日に決定した。同日に、Amazonプライムビデオでも配信が開始された。なお実写邦…

映画感想/ラストレター

観るなら必ず <LOVE LETTER>を改めて観てから鑑賞するべし、、、 監督はあくまでも 主人公の女の子にマスクをさせたいらしい、、、W 物語の導入部に「寺」(法事/葬儀) 「図書館」 「マスク」(昭和の布マスク) もちろん、「手紙」 ほんの「思い違い」…

映画鑑賞/キャッツ

今年発表の ラズベリー賞を総なめにした<キャッツ>を観た とにかく CG人面猫に「キモイ」の大合唱だが クリチャーと思えばええやん思ふ、、、 キモイどころか 実質主役のフランチェスカヘイワードなんて ネココスプレと思えば可愛い~~~ むしろ 着ぐるみ…

映画感想/レイニーデイインニューヨーク

もちろん 「ニューヨーク」「雨」が全編にわたって映し出される そして何よりこれは「キス」の物語 NYで、雨で、キスといえば<ティファニーで朝食を> 本作のラストのキスのシーンを撮る前には <ティファーニで朝食を>のラストシーンも 当然ウディの頭の…

映画感想/初恋

三池のことはあまり好きではない <オーディション>は史上最悪に狂った映画だが 作品の好き嫌いではなく 映画に対する心根が好きではないのだ (人格を否定するものではない) 昔 この人の著書を読んで そもそも映画に対する情熱はあまりなかったようで 映…

映画感想/マチネの終わりに

解説 東京、パリ、ニューヨークを舞台に音楽家とジャーナリストの愛の物語を描いた芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説を福山雅治、石田ゆり子主演で映画化。パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務す…

映画感想/ロマンスドール

『九月の恋と出会うまで』などの高橋一生と『彼女がその名を知らない鳥たち』などの蒼井優が共演したラブストーリー。それぞれ秘密を抱える夫婦が、本当の幸せを見つけようとする。『百万円と苦虫女』『ふがいない僕は空を見た』『お父さんと伊藤さん』など…

映画感想/ハーレイクィンの華麗なる覚醒/BIRDS OF PRAY

ハーレイクィンの華麗なる覚醒/BIRDS OF PRAY <スーサイドスクワット>は 当時、劇場で観てきた次男が 「ぜったいに観る必要のない映画」 「映画とは呼べない、クソMTV」と酷評していたので DVDがリリースされても観なかった でも、 今回は大変評判が良いの…

映画感想/帰れない二人

昨年 劇場で見逃していたジャジャンクーの<帰れない二人>を DVDリリースとともにやっと鑑賞 昨年 劇場で観ている次男に訊ねると即答 「劣化版_成瀬の浮雲」 「どんだけ成瀬が好きなんだよ(ジャジャンクー)」 「どんだけ成瀬はスゴイんだよ」と、この映…

映画感想/リチャードジュエル

物語 1996年7月27日、警備員のリチャードジュエルはアトランタ五輪の会場近くの公園で爆発物を発見した。リチャードの通報のお陰で、多くの人たちが爆発前に避難できたが、それでも2人の死者と100人以上の負傷者を出す大惨事となった。マスメディアは爆発物…