たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉 

No Movie, No Life、、、映画と食べものと、ときどき天然妻、、、

好きな本のこと

夏への扉

夏への扉 山下達郎の曲で 同名のタイトルがあるが この物語を歌っている 面白すぎて 夢中になって読んだ記憶がある 夏の午後に クリームソーダを飲みながら 読みたい

冷血

トルーマンカポーティは カポーティ大ファンの先輩に奨められて 読むようになった 有名な<ティファニーで朝食>は 原作は 「女」について語った傑作だった が 映画は 「オードリー」のための ありきたりな恋愛ものになってしまった 原作の良さ、面白さがま…

グレートギャツビー

文章が凄く良いし 映像が浮かぶ そして この主人公の男 洋モノでは 一番好きな小説かもしれない 読んだ後に <華麗なるギャツビー>と名を変えた映画を観たが ボクの脳ミソの中の映像の方が コッポラ脚本&RR主演版より バズラーマン&レオちゃん版より もっ…

ヒッチコック・映画術

ヌーベルバーグの功績は 娯楽映画を差別せず B級映画のレッテルを貼らずに 全ての映画に線引きせずに 評価を下そうという方向性 その価値は認めるが あまりにも神々しく 扱いすぎているような気もする ヌーヴェルバーグの連中が ヒッチコックを 「芸術家」と…

東京アンダーワールド

東京アンダーワールド 今でも実在する 六本木の有名な 老舗ピザ屋****を舞台に どうやら実話らしい これはヤバイ 戦後の昭和の裏歴史 超一級のエンターテインメント スコセッシが映画化権をもっているが いまだに制作開始の話は聞かない 映画化されれば …

村上龍映画小説集

ボクは村上春樹よりも 龍が好き ふつうに、ラッセンもス~キ~ 甘い生活 ラストショー 地獄堕ちた勇者ども ブルーベルベット ロンググッドバイ レイジングブル スコピオライジング ワイルドエンジェル などなど 映画評ではない が 筆者が好きな映画のタイト…

沈黙

遠藤周作の名作 沈黙 宗教に関心のない者でさえも 誰もが思う 神についての「問い」 究極の問答 答えはある しかし 答えは得られない すべての人が読むべき

七瀬ふたたび

一番好きな作家は 筒井康隆 そもそも 社会風刺とかシニカルなものが好きだ 筒井はスゴイ 世の中の 馬鹿らしさアホらしさを斬る その視点がその語りが スゴイ 生存する 日本の最後のスゴイ作家 いつまでも生き続けて いつまでも吐き続けてほしい <七瀬はふた…

午後の曳航

好きな本 好きな作家 記憶記録として記す ★ 真っ先に思い浮かぶのは 三島由紀夫 しかも 午後の曳航 三島の作品には 国を特定しないイメージがある この作品も 映画化されたが 舞台は日本ではない しかし 日本でなくても しっくりする 今でいえば サイコパス…